音符
 
Top >  楽典  >  休符のワーク・応用編

休符のワーク・応用編

少し難しい休符の穴埋め問題をパズル感覚で解きましょう。

休符の名前や意味、長さを理解すれば、リズムはパターンで覚えられます。

解答は楽譜をまるごと五線譜に書いていただくと、より力が付くでしょう。

「答え」は拍子記号に合った演奏しやすい楽譜の書き方になっているので、参考にしてください。

解説には参考に数字の拍を入れましたが、「1と2と…」または「123,123」という風に考える方がリズム感と合うので、推奨します。

音声によるリズムを確認して、リズム練習にもお役立てください♪

Memo

音声のスピードは4分音符を1拍とする拍子(4分の2拍子、4分の3拍子など)では1拍がメトロノーム60、8分音符を1拍とする拍子(8分の3拍子、8分の6拍子など)では1拍がメトロノーム120になっています。

 

Q1:( )の中に一つだけ休符を入れてください

答えを見る

拍子は4分の4拍子です。これは「4分音符を1拍として、1小節が4拍の曲」という意味です。

1小節目…後ろから見ていきます。2分音符が1つ(2拍)16分音符が4つ(1拍)と区切りの良いところで考えると、ここまでが3拍分で、残ったまとまりが1拍分だということがわかります。8分音符1つ(0.5拍)16分音符1つ(0.25拍)で計0.75拍なので、残りはあと0.25拍になり、16分休符が入ります。

また、8分音符や16分音符の符尾と符尾を、1拍分ずつまとめて繋いで書くと見やすくなります。符尾をつなぐことを連桁(れんこう)と言います。4分音符を1拍にする拍子では、16分音符は4つより多く繋がないのが一般的なルールです。

2小節目…こちらも後半を見ると、付点4分音符(1.5拍)と8分休符(0.5拍)で2拍あるので、残りが2拍分だということがわかります。付点4分音符1つ(1.5拍)16分音符1つ(0.25拍)で計1.75拍なので、残りはあと0.25拍になり、16分休符が入ります。付点4分音符とペアを組むのは8分音符(休符)と覚えておきましょう。16分音符(休符)2つ分で8分音符(休符)です。

3小節目…付点2分音符1つ(3拍)8分音符1つ(0.5拍)で計3.5拍なので、残りはあと0.5拍になり、8分休符が入ります。

リズムを確認する♪

 

Q2:( )の中に一つだけ休符を入れてください

答えを見る

1小節目…16分音符2つ(0.5拍)8分音符2つ(1拍)8分休符1つ(0.5拍)4分休符1つ(1拍)で計3拍なので、残りはあと1拍になり、4分休符が入ります。

2小節目…付点4分音符1つ(1.5拍)16分音符2つ(0.5拍)8分休符1つ(0.5拍)4分休符1つ(1拍)で計4.5拍なので、残りはあと0.5拍になり、8分休符が入ります。実際は休符をまとめて2分休符を使うこともあります。

3小節目…8分音符の3連符は、4分音符を1拍とする拍子では1拍分です。8分音符3つ(1.5拍)4分音符1つ(1拍)8分音符の3連符(1拍)で計3.5拍なので、残りはあと0.5拍になり、8分休符が入ります。

リズムを確認する♪

 

Q3:( )の中に一つだけ休符を入れてください

答えを見る

拍子は8分の3拍子です。これは「8分音符を1拍として、1小節が3拍の曲」という意味です。

1小節目…8分音符2つ(2拍)で残りはあと1拍になり、8分休符が入ります。

2小節目…付点8分音符1つ(1.5拍)16分音符1つ(0.5拍)で計2拍なので、残りはあと1拍になり、8分休符が入ります。

3小節目…16分音符2つ(1拍)8分休符1つ(1拍)で計2拍なので、残りはあと1拍になり、8分休符が入ります。実際には休符をまとめて4分休符を使うこともあります。

リズムを確認する♪

 

Q4:( )の中に一つだけ休符を入れてください

答えを見る

1小節目…16分音符4つ(1拍)で残りはあと3拍になり、付点2分休符が入ります。実際には2分休符+4分休符(順序も注意)、または4分休符を3つ並べることが多いです。

2小節目…2分休符1つ(2拍)で残りはあと2拍になり、2分休符が入ります。実際には全休符を使います。

3小節目…2分音符1つ(2拍)があるので、残りが2拍になるように考えます。複付点4分音符は4分音符+8分音符+16分音符の長さ(1.75拍)なので、残りはあと0.25拍になり、16分休符が入ります。複付点4分音符は16分音符(休符)とセットになることが多く、2つセットで2分音符の長さと覚えておきましょう。

リズムを確認する♪

 

Q5:( )の中に一つだけ休符を入れてください

答えを見る

拍子は8分の6拍子です。これは「8分音符を1拍として、1小節が6拍の曲」という意味です。

8分の6拍子は2拍子系で「1.2.3,1.2.3」と3拍ずつ2回あるととらえます。つまり8分の3拍子+8分の3拍子です。真ん中で分かれるように音符や休符をまとめるのがルールです。

1小節目…カッコより右側を見ると4拍分埋まっています。つまり、付点8分音符とカッコの中の休符で2拍分です。付点8分音符1つ(1.5拍)で、残りはあと0.5拍になり、16分休符が入ります。付点8分音符(休符)とペアを組むのは16分音符(休符)で、セットで2拍と覚えておきましょう。

2小節目…16分音符の7連符は、8分音符を1拍とする拍子では3拍分です。つまり7連符以外が残りの3拍分ということがわかります。16分音符2つ(1拍)8分音符1つ(1拍)で計2拍なので、残りはあと1拍になり、8分休符が入ります。

3小節目…タイが付いても数え方は同じです。4分音符1つ(2拍)8分音符2つ(2拍)で計4拍なので、残りはあと2拍になり4分休符が入ります。

リズムを確認する♪

 
 

さらに問題を解くには、問題の購入が必要です。

有料記事では、さらに理解を深めるための追加の問題20問とその解説に加えて、 休符の穴埋め問題を解く際に役立つポイントをご覧いただけます。

お支払い方法はクレジットカード決済のみで、Visa・Mastercard・American Express・JCB・ダイナースクラブ・ディスカバーのカードをご利用いただけます。

下部にある「問題を購入する」ボタンを押していただくと、次のようなカード情報の入力フォームが開きます。

以下はサンプルの画像です。

サンプル画像
Memo

「CVC」はクレジットカードの署名欄にある3桁の番号です。American Expressの場合は、カード表面に記載されている4桁の番号です

 

お支払いいただいた後は、すぐに有料問題にチャレンジできるようになります。

メールアドレスのご入力はお間違えのないようにお願いいたします。

 
【有料20問】休符応用
【有料20問】休符の応用が学べるワーク
休符の応用が学べる穴埋め問題をパズル感覚で解きましょう。全20問で330円(税込み)です。
 
 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン