音符
 
Top >  独学  >  アップライトピアノとグランドピアノの違い

アップライトピアノとグランドピアノの違い

ピアノには電子ピアノとアコースティックピアノがあり、アコースティックピアノにはアップライトピアノとグランドピアノがあります。

このページではアコースティックピアノの購入を検討されている方に向けて、アップライトピアノとグランドピアノの違いを解説します。

ピアノの先生の家にはなぜグランドピアノがあるの?

音大を目指したい場合は、どうすればよいの?

こんな疑問をお持ちの方は、ぜひこのページを参考にしてみてください。

アップライトピアノとグランドピアノは別の楽器

アコースティックピアノにはアップライトピアノとグランドピアノがあります

大きさが異なるだけでどちらも同じようなものと思われがちですが、実は打鍵のしくみやペダルの構造などが全く違います

別の楽器と言ってしまっても過言ではありません。

グランドピアノはピアノ本来の形です。

アップライトピアノはピアノを限られたスペースで楽しむように、グランドピアノを立型に改造した楽器です。

一般的にはアップライトピアノで十分でしょう。

グランドピアノならアップライトピアノではできない連打や、細かい表現にも対応できるので、音大進学など本格的に専門家を目指すならグランドピアノが必要不可欠です。

アコースティックピアノの管理

アコースティックピアノは調律や整調をしながら維持していきます。

その維持費は毎年1万円~2万円ほどかかりますが、電子ピアノより寿命はずっと長く、次の世代にも使えます

注意しなければならないのは置き場所です。

特に湿度が高すぎると鍵盤が上がりにくくなるなど、支障が出てくるので、除湿をして調整しましょう。

室内の湿度は50%がアコースティックピアノに適しています。

湿度が安定するとピアノの寿命も延びます

音が気になる方は消音ユニット付きがオススメ

ピアノの音が気になる方には、消音ユニット付きのアコースティックピアノをオススメします。

機種にもよりますが、家にあるアコースティックピアノに後から取り付けることも可能です。

昔はアップライトピアノにしか後付けできませんでしたが、今はグランドピアノにも対応できるようになっています

消音ユニットを取り付けるとなると、タッチや音色が多少変わることが懸念されますが、きちんとピアノを整調すると共に、しっかりした取り付け業者にお任せすると、一般の方にはわからないほどの差です。

集合住宅にお住まいの方や、お仕事や家事に忙しい大人の方が、あまり時間を気にしないで練習できるので人気があります。

ただし、注意点もあります。

消音ユニット付きの注意点

「消音」「サイレント」という言葉に惑わされがちですが、打鍵音は一般的な電子ピアノのそれより、遥かに大きいです。

ピアノの音は聞こえなくても打鍵音に注意してください。

机の上などを指で叩いてみてください。

それに近い音が鳴るということです。

また消音機能を使う場合、音量は調節できますが、あまり弱い音に設定しないように注意しましょう。

弱音でばかり弾いていると、音楽の表現が乏しくなってしまうからです。

ちなみに消音ユニットは電化製品なので、何年か先には必ず故障することもお忘れなく。

まとめ

アコースティックピアノの購入を検討されている方に向けて、アップライトピアノとグランドピアノの違いを解説しました。

音大進学など、本格的に専門家を目指す場合を除けば、アップライトピアノで十分でしょう。

湿度に気をつけつつ、調律や整調をしなが長く維持してください♪

また、これからピアノを購入される方は、Pianeysの独学サポート特別プログラムも同時にご検討いただければと思います。

Pianeysはピアノ初心者の独学に徹底的にコミットします。

「トンプソンコース」と「リラ・フレッチャーコース」があり、Pianeysのサポートのもと、楽譜をまるまる1冊、仕上げられます。

体験していただいた方からは、自分のペースで、できるときに進められる点など、好評をいただきました。

ピアノの独学に自分ひとりだけで取り組むのは不安だと思います。

楽譜通りに正しく弾けているのか?
指使いに問題はないか?
弾くときの姿勢、指の形、椅子の座り方は?
メロディーとその他の音のバランスは良いか?
フレーズの始まりと終わりを意識できているか?
強弱や緩急があり、曲として魅力的か?
内声が聴き取れているか?
一番大事な音を見つけられているか?
 

独学で気をつけたいこれらのことは、すべてPianeysがチェックさせていただきます。

ピアノの独学で不安なことやわからないことは、丸投げしてください。

 

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン