アップライトピアノとグランドピアノの違い

アコースティックピアノにはアップライトピアノとグランドピアノがあります。

アップライトピアノとグランドピアノは違う楽器

大きさが異なるだけでどちらも同じようなものと思われがちですが、実は打鍵のしくみやペダルの構造などが違います。別の楽器と言っても過言ではありません。

グランドピアノは、ピアノ本来の形です。アップライトピアノはピアノを限られたスペースで楽しむように、グランドピアノを立型に改造した楽器です。

一般的にはアップライトピアノで十分だと思いますが、グランドピアノではアップライトピアノではできない連打や、細かい表現にも対応できるので、音大進学など本格的に専門家を目指すなら必要不可欠であるという訳です。

アコースティックピアノの管理

アコースティックピアノは調律や整調をしながら維持していきます。その維持費は毎年1万円~2万円ほどかかりますが、電子ピアノより寿命は数倍長く、次の世代にも使える楽器です。

注意しなければならないのは置き場所です。特に湿度が高すぎると鍵盤が上がりにくくなるなど支障が出てくるので注意しましょう。

室内の湿度は50%がアコースティックピアノには適しています。湿度が安定するとピアノの寿命も延びます。

消音ユニット

ピアノの音が気になる方には、消音ユニット付きのアコースティックピアノをおすすめします。

1台でアコースティックピアノと電子ピアノの役割をする楽器です。ヘッドホンを使っての操作で、簡単に切り替えが出来ます。

機種にもよりますが、家にあるアコースティックピアノに後から取り付けることも可能です。昔はアップライトピアノにしか後付けできませんでしたが、今はグランドピアノにも対応できるようになっています。

消音ユニットを取り付けると、タッチや音色が多少変わることも心配ですが、きちんとピアノを整調すると共に、しっかりした取り付け業者にお任せすると、一般の方にはわからないほどの差だということです。

集合住宅にお住まいの方や、お仕事や家事に忙しい大人の方が、あまり時間を気にしないで練習できるので人気があります。

消音ユニットの注意点

「消音」「サイレント」という言葉に惑わされがちですが、「打鍵音」は一般的な電子ピアノのそれより、遥かに大きいです。ピアノの音は聞こえなくても打鍵音に注意して下さい。

また、消音ユニットは電化製品なので、何年か先には必ず故障することもお忘れなく。