音符
 
Top >  独学  >  PianeysのピアノLINEレッスン〜独学サポート特別プログラム

PianeysのピアノLINEレッスン〜独学サポート特別プログラム

Pianeysはピアノ初心者、とりわけこれからピアノをはじめる方の独学に徹底的にコミットすべく、LINEを使った独学サポート特別プログラムを用意いたしました。

ピアノは独学で取り組むことが可能です。

ただし、間違った方法で独学してしまったために、いつまで経っても上達せずに、やがてピアノに飽きて、弾くことをやめてしまった方たちがいることも現実です。

このページでは、ピアノを独学したい大人の方に向けて、独学のデメリット(危険性)を認識していただき、その解決策であるPianeysの独学サポート特別プログラムを紹介しています。

独学の方法を間違わなければ、あなたのピアノは着実に上達します。

努力し続けることができれば、いつしか自分で楽譜を読み、自分で演奏できるようになるでしょう。

ピアノの独学を成功させたい方は、以下をぜひご確認ください。

 

ピアノを独学するメリット・デメリット

ピアノを独学するメリットを一つ挙げるならば、自分のペースで進められるということでしょう。

自分の弾きたい曲を、自分の空いた時間で、いつまでに仕上げるとか縛られずに自分で決められるということです。

では、デメリットはどうでしょうか?

同じく一つ挙げるならば、無駄な努力をしてしまっている場合が多いことです。

長年ピアノ講師をしてきた経験から、ピアノの初心者の方の独学には大きく分けて2つのパターンがあると感じています。

楽譜を読まずに動画を参考にして自分で練習する
教本を選んで、教本に沿って自分で練習をする

もうすでにピアノを独学し始めている方は、これを機会に、ぜひ自分の独学を見直してみてください。

楽譜を読まずに動画を参考にして自分で練習する → NG

弾きたい曲をYouTubeで検索してみたことはありませんか?

上手な人の演奏がすぐに見られて、とても便利だと思います。

ピアノ講師もYouTubeでピアノの演奏動画を見て、参考にしています。

ただ、ピアノ初心者が動画の真似をして弾くのは、ピアノの上達を考えるとよろしくありません。

「この曲が弾けたらそれで満足」というモチベーションも分からなくはないですが、今の自分のピアノのレベルからかけ離れた難しい曲に挑戦しているケースが多いです。

基礎ができていない場合、弾けるようになったとしても音をなぞるだけの面白みのない演奏になるのは間違いありません。

間違った音やリズム、弾きにくそうな指使い、不要な力の入った弾き方などを繰り返している可能性も残念ながら非常に高いです。

違う曲を新たに挑戦する場合も、残念ながら基礎がないので、また一からということになります。

このような独学を続けていると、必ずピアノの成長は止まってしまいます。

動画のマネをして難しい曲に挑戦するよりも、自分の実力に合った曲を何曲も積み重ねていくほうが、同じだけ練習した場合であっても、テクニックや表現力には大きな開きが出ます。

急がば回れ。

じっくり基礎を身に着けましょう。

教本を選んで、教本に沿って自分で練習をする → 難しい

教本を選んで練習するのは大賛成です。

これをしっかり自分でやりきることができれば、あなたのピアノの独学は成功します。

しかし、それは現実的にはとても困難です。

例えば、自分では音と音の間をつなげて弾いているつもりでも、実はわずかに切れていることがあります。

また、自分では同じ音の大きさで弾いているつもりでも、実はわずかにバラついていることもあります。

これらはピアノの基礎として本当は初心者のうちに気づいて直しておきたいところなのですが、自分一人ではまず気づけません。

ピアノの基礎は簡単な曲のうちに指と耳に叩き込まないと、だんだん粗い演奏になっていき、テクニックや表現力の乏しさに限界を感じるでしょう。

残酷ですが、ピアノの基礎ができていない状態でどんなに練習をがんばったとしても、無駄な努力の積み重ねばかりになってしまい、なかなか上手にはなりません。

音のミスはすぐに直りますが、音の粗さを正すのには膨大な時間がかかることを知っておいてください。

この問題を解決するには、専門的な知識を持ったピアノ講師に、教本の進行状況にあわせて都度演奏をチェックしてもらう以外、難しいです。

そこで、Pianeysではピアノを独学したい方をサポートするために、独学サポート特別プログラムを用意いたしました。

独学サポート特別プログラムの概要

独学サポート特別プログラムは、プログラムで指定されたピアノ初心者用の教本をPianeysと一緒に進め、最終的にまるまる一冊マスターするものです。

教本については後述します。

お申し込みいただいた後の受講開始〜受講修了までの流れは以下のようになります。

 
  • Start
    お申し込み完了
  • STEP.1
    プレゼント受け取り

    教本内で取り扱われるすべての曲について、各曲ごとの練習する前の注意事項をプレゼントとしてお受け取りいただきます

  • STEP.2
    教本を独学

    受講生ご自身で教本を独学していただきます

  • STEP.3
    演奏動画をPianeysへLINEで送信

    演奏するたびに1曲ずつ送っていただいても、まとめて数曲送っていただいても構いません

  • STEP.4
    Pianeysからのフィードバック受け取り

    お送りいただいた演奏動画チェックと合否判定を含めたフィードバックをLINEのメッセージでお返しします

  • Goal
    受講修了

    すべての曲が合格になると修了です。次のステップをご案内いたします

 
Memo

演奏動画の受付は24時間おこなっています。レッスン対応は当日もしくは翌日とさせていただきます。

 

受講のために必要なものもまとめておきます。

受講のために必要なもの
プログラムで指定された教本
LINEを使用できる環境
ご自身の演奏動画を撮影できる環境
 

2つのコースと4つのプログラム

独学サポート特別プログラムでは、「トンプソンコース」「リラ・フレッチャーコース」の2つのコースを用意しています。

また、それぞれのコースには、教本別に2つずつ(計4つ)のプログラムを用意しています。

 
選べる4つのプログラム
トンプソンコース
レベル1
「小さな手のためのピアノ教本」プログラム

レベル2
「現代ピアノ教本(1)」プログラム
リラ・フレッチャーコース
レベル1
「ピアノコース ブック 1」プログラム

レベル2
「ピアノコース ブック 2」プログラム
 

指定の教本は、受講生ご自身でご購入いただきます。

レッスン料金とお支払い方法にて教本の購入リンクを表示しております。

各コースの比較

トンプソンコースとリラ・フレッチャーコースのレベル1の教本は、どちらもピアノ未経験者のためのものです。

はじめは同じように進んでいきますが、リラ・フレッチャーの方がトンプソンよりも難易度の高いところで修了しています。

トンプソンコースとリラ・フレッチャーコースのレベル2の教本は、レベル1を修了された方の次のステップとしてオススメしています。

はじめはリラ・フレッチャーの方が難易度の高いところから出発しますが、最終的にはトンプソンコースが難易度の高いところで修了します。

というわけで、簡単な曲からやや難しめな曲までサクサク進みたい方へはトンプソンコースを、簡単な曲や基礎練習をじっくりたくさん弾いて堅実に上達したい方へはリラ・フレッチャーコースをオススメします。

どちらもアメリカ系教本で、取り扱われる曲は音楽性を重視した曲が多いです。

違いを挙げるとすると、トンプソンコースの方がポップな曲が多いです。

明るく楽しい曲を中心に弾いてみたい方はトンプソンコース色々なタイプの曲を数多く弾いてみたい方はリラ・フレッチャーコースという考え方でも良いかと思います。

コースに迷われている方は、先に一度お申し込みをいただき、その後Pianeysからご案内するLINEアカウントへ直接ご相談ください。

もちろん、LINEでのコースの相談のみで最終的に受講に至らなかった場合、料金は一切かかりません。

ご安心のうえ、お気軽にご相談ください。

レッスン料金とお支払い方法

レッスン料金のお支払いは、口座振込クレジットカード決済PayPal(ペイパル)からご選択いただきます。

お申し込みいただいた後に、お支払い先をご案内いたします。

Pianeysがお支払いを確認次第、レッスンを開始させていただきます。

お支払いいただいた後(厳密にはPianeysがレッスン料金を受け取ってから)7日間以内であれば、プログラムにご満足いただけない場合、お支払いいただいたレッスン料金は全額返金いたします。

 
Memo

8日以上経過した場合、返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

 

以下、コース・プログラム別のレッスン料金です。

トンプソンコース

  • 「小さな手のためのピアノ教本」プログラム

    9,900円(税込み) ※教本代は別途

    ピアノ未経験者の方が対象です。教本内の全33曲をマスターするプログラムです。いろいろなリズムの単旋律の曲を片手、または両手で弾きます。すべて短めの曲で、読譜力と基礎力が養われます。本プログラムに関してさらに詳しい情報をお求めの場合は、こちらをご確認ください。

    次の教本を利用するので、お申し込みの前にご購入ください。

  • 「現代ピアノ教本(1)」プログラム

    19,800円(税込み) ※教本代は別途

    ピアノ初心者の方が対象です。教本内の全66曲をマスターするプログラムです。右手、左手のどちらか一方がメロディーで、もう一方が伴奏である曲を練習します。様々な調の曲が取り入れられています。本プログラムに関してさらに詳しい情報をお求めの場合は、こちらをご確認ください。

    次の教本を利用するので、お申し込みの前にご購入ください。

 

リラ・フレッチャーコース

  • 「ピアノコース ブック 1」プログラム

    19,800円(税込み) ※教本代は別途

    ピアノ未経験者の方が対象です。教本内の全62曲をマスターするプログラムです。いろいろなリズムの単旋律の曲を片手、または両手で弾きます。また、右手、左手のどちらか一方がメロディーで、もう一方が伴奏である曲を練習します。すべて短めの曲で、読譜力と基礎力が養われます。本プログラムに関してさらに詳しい情報をお求めの場合は、こちらをご確認ください。

    次の教本を利用するので、お申し込みの前にご購入ください。

  • 「ピアノコース ブック 2」プログラム

    19,800円(税込み) ※教本代は別途

    ピアノ初心者の方が対象です。教本内の全84曲をマスターするプログラムです。右手、左手のどちらか一方がメロディーで、もう一方が伴奏である曲を練習します。初期のうちからペダルを使用します。本プログラムに関してさらに詳しい情報をお求めの場合は、こちらをご確認ください。

    次の教本を利用するので、お申し込みの前にご購入ください。

 
Memo

いずれのプログラムにおいても、Pianeysがおこなう独学サポートの有効期限は、初回のレッスンから1年間とさせていただきます。

 

教室レッスンとの料金比較

大人の教室レッスンの相場は、30分月2回で5000~6000円くらいです。

例えば、教室レッスンにて「トンプソン 現代ピアノ教本 1」を進める場合、レッスン時間の30分で取り組めるのは毎回多くても5~6曲程度でしょう。

「トンプソン 現代ピアノ教本 1」は全66曲あるので、すべての曲が1回で合格すれば半年程度で終わります。

しかし、すべての曲が1回で合格することは、まずありません。

何曲かは不合格となり、やり直しになります。

そういったことを考えると、「トンプソン 現代ピアノ教本 1」を教室レッスンで進める場合、修了までは1年程度かかると思っておいてよいと思います。

それでは、1年のレッスン料金はどの程度になるでしょうか。

月謝が5,000円〜6,000円とすると、1年で60,000円~72,000円かかることになります。

さらに、教室レッスンでは教室運営管理費などが別途かかる場合があったり、通うための交通費もかかりますから、実際には1年分のレッスン料金以上のお金がかかります

Pianeysの独学サポート特別プログラムは、おおよそ、その1/3程度の料金としています。

本プログラムの位置づけ

教室レッスンと比べて本プログラムの料金設定が半額程度であるのは、本プログラムが「独学のサポート」という位置づけであるためです。

したがって、教室レッスンよりも受講される方自身の努力は必要になるでしょう。

一方でメリットは、自分のペースで進められることです。

ゆっくりペースでも特急ペースでも、どちらでもOKです。

それに、LINEは24時間受け付けています。

お好きなタイミングでお送りいただければ、遅くとも翌日中には演奏動画チェックと合否判定を含めたフィードバック(レッスン)をお返しします。

もちろん、指導・演奏ともに経験豊富なPianeysのピアノ講師がレッスンさせていただきますので、その点は十分にご安心ください。

そして、あとから自分のLINE上で演奏動画とPianeysからのフィードバックを見直すことができます。

ぜひ隙間時間を使って、ピアノを学習してください

プロのピアニストや音大受験前の学生などでない限り、日常生活においてピアノの優先順位はそんなに高くないでしょう。

だからこそ、いつでもどこでも好きなときにピアノを学習できる環境はとても大切です。

本プログラムがあなたに合ったピアノの学習環境作りに貢献でき、あなたに豊かなピアノライフが訪れることを心から願っております。

お申し込み

下記からお申し込みフォームをご記入し送信してください。(所要時間1分)

レッスンでお会いしましょう。

 

ピアノ講師について

独学サポート特別プログラムにおいては、以下の2名のピアノ講師が対応いたします。

  • Uri

    某大学音楽学部ピアノ専攻卒業。同大学院修了。日本演奏家コンクール一般の部にて特別賞受賞。ベーテンピアノコンクール大学・院生の部にて第3位受賞。大阪国際音楽コンクールAge-Uにて入選。オーケストラとの共演やリサイタルなど多数出演。

  • Zun

    某大学音楽学部ピアノ専攻(学費全額免除特待生)卒業。オーケストラとの共演や演奏会に多数出演。日本ピアノ教育連盟所属。子どもから大人までピアノ指導する傍ら、WEBサイト「ピアノサプリ」を開設し運営。月間最高アクセスは約50万PV。

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン