リトミックとは

リトミックとは、スイスの作曲家で音楽教育家でもある、エミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)によって考案された音楽教育法で、身体を使って音感を豊かに育んでいくというものです。

例えば楽譜に書いてあるリズムを覚える場合、ステップや手拍子など、自分の身体で表現すると簡単に覚えられます。これは身体で音楽を感じ、更にそれを自己表現しているからと考えられています。

本来のリトミックは演奏の表現力を豊かにする目的もあり、単なるリズム遊びではありません。音楽をしっかり聴いてそれを自分の感性で表現するというものです。

リトミックはいつ頃から流行り始めたか?

ダルクローズは1901年頃にリトミックを確立したと言われています。しかしリトミックは、当時の音楽教育の中ではかなり異端的な存在だったので、中々受け入れられませんでした。

1910年、ダルクローズはドイツに招かれ学校を作ります。そこでダルクローズは「リトミック」「ソルフェージュ」「即興演奏」が音楽家にとって重要な要素であるという『ダルクローズ理論』を提唱し実践しました。徐々に音楽界で話題になり、日本からは山田耕筰も視察に訪れています。

モダンダンスもこの学校から誕生しました。1915年に祖国であるスイス・ジュネーブにダルクローズ学院が作られ、今日も続いています。

ソルフェージュとは??

楽譜を読む力(読譜力)を付けるための音楽の基礎訓練です。

楽譜を読むには音の高さや音符の長さについてなどの音楽の知識が必要です。ソルフェージュもリトミックも「音を声や楽器で表現し、音楽を聴く耳を育て音感を鍛える」という点では同じですが、ソルフェージュは音楽理論を理解した上での訓練である点が異なります。

日本におけるリトミック

リトミックは戦後まもなく日本にも入ってきましたが、現在はダルクローズが考案したリトミックから派生して、言語や数遊びなど知育も取り入れた音感教育も増えています。

0歳から習えることもあり、初めての習い事として注目されています。ピアノやヴァイオリンなどの楽器のお稽古を始める前に、リトミックで音感を付けておくとスムーズに楽器のレッスンが始められるので、音楽教室でも併設しているところが増えてきています。英語を取り入れた英語リトミックも人気があります。