相対音感のテスト

相対音感は誰でも多少は持っています。しかも何歳からでも音感トレーニングによって鍛えることができます。

こちらでは基準となる音があれば楽器の音が聴き取れるかどうかという、一番簡単なレベルチェックをします。

あなたに相対音感はあるか?! テストに挑戦!

「ド・ミ・ソ」の和音がなった後に等間隔で音が5つ鳴ります。確認してみてください。

臨時記号の付いた音も出てきますが、異名同音(♯ド=♭レ)で取られてもOKです。

問1

答えを見る

問2

答えを見る

問3

答えを見る

問4

答えを見る

問5

答えを見る

全問正解
・・・少なくとも「楽器の音ならわかる」という相対音感があります。

問3、問4、問5が不正解
・・・シャープやフラットの臨時記号に慣れていないのが原因の一つです。全てフラット系に聞こえる方、シャープ系に聞こえる方、旋律の流れでシャープに聞こえたりフラットに聞こえたりする方など様々なので、自分はどのようなタイプかを知っておけば取りやすくなるでしょう。

全問不正解
・・・相対音感は何歳からでも鍛えられるのでがんばりましょう!