正しい指使いは上達への近道

ピアノでは音符を読むことも大事ですが、それと同じくらい指使いを守ることも重要です。

レッスンを受けていると、ピアノの先生が考えてくれたりヒントをくれたりするのですが、独学の場合は自分で考えないといけません。

曲が進むにつれ、指使いも一々書かれなくなるので、初歩の段階から指使いのパターンを覚えていくことも重要になります。

指使いの意味

楽譜にはルールに基づいた最良な指使いが記されています。これを無視すると、どこかで音が切れてしまったり、後で弾きにくくなったりします。

ピアノ教室でレッスンをしていても、初めから指使いを守る人は進みが速いです。というのは、いったん覚えてしまった指使いは手が覚えてしまうため変えにくいので、誤った指使いがなかなか直らないからです。

アレンジ曲の指使い

ポピュラー音楽やピアノ伴奏の楽譜には指使いが書いていないことがよくあります。しかも原曲がピアノ曲でないポピュラー音楽は、ピアノで楽に弾ける音型になっていない場合も多いです。

指使いの善し悪しが演奏の出来を決めると言っても過言ではありません。

ペダルを使ってごまかさない

指で音をつなげているか(つなごうとしているか)、音楽の進行方向を考えずに単にペダルでつないでいるだけかは、聴く人が聴けばわかります。

指使いを無視してペダルでつなげる方法は、いかにも素人的で音楽的にも良くないのでやめましょう。