遊ぶ暇もない~大学時代

楽譜進行マップ
楽譜体験マップ

無事に師匠のいらっしゃる第一志望の音楽大学に合格しました。

音大はもちろん音楽漬けの日々で、どんどん曲が出され、譜読みと暗譜に追われる毎日でした。今までのぬるま湯が一気に熱湯に!

ソロ曲の他に声楽や管弦楽器の伴奏やアンサンブルも加わります。長期休暇はコンクールにつぶれ、大学在学中は友達と旅行にも行けませんでした。

いわゆる世間の「花の女子大生」という言葉とはかけ離れた学生生活でした。

音大の定期実技試験は年2回。下記は2回生の前期のテスト曲です。
A) ショパン、ドビュッシー、リスト、ラフマニノフ、スクリャービンのエチュードから2曲選ぶ。
B) J.S.バッハの平均律、又はパルティータ(1~6)、イギリス組曲から1つ選んで全曲演奏。
C) ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンのソナタ(但し簡易なソナタは除く)1つを選んで全楽章演奏。
D) ロマン派・印象派・近代の作曲家の自由曲1曲。こちらの上級程度です。

1回の試験は少なく見積もっても合計7曲でした!もちろんホールでの暗譜演奏。他の人が弾く曲が気になっていたのか、今も友人が弾いた曲などを覚えています。

コンチェルト(楽譜種別:古典派、ロマン派・近代混在)

19歳頃~
音大時代にはモーツァルトやベートーヴェンのコンチェルトを勉強しました。コンチェルトの実技試験ではラヴェルの『ト長調』をいただいて幸せ全開でしたが、第2ピアノがめちゃめちゃ難しく、結局お相手が見つからなかったので、フランクの『交響的変奏曲』になりました。こちらもとても素敵な曲でした。

卒業後、グリーグやサン=サーンスなどをオーケストラと協演させていただきました。
作曲家グリーグについて。(←クリックしてご覧下さい)

プロコフィエフ(楽譜種別:近代)

19歳頃~
初プロコはソナタの3番。その後1番も弾きましたが2番もいずれは弾きたいです。プロコの後期の作品はパスです。

ラフマニノフ(楽譜種別:ロマン派)

22歳頃~
やはり手の大きさで敬遠がちでした。学生時代、先生にも勧められたことはありません。自分の好きなプレリュードなどは卒業後までお預けでした。
作曲家ラフマニノフについて。(←クリックしてご覧下さい)

スクリャービン(楽譜種別:近代)

22歳頃~
本当に綺麗な旋律です。譜読みや暗譜は大変ですが、弾いていると鳥肌ものです。
作曲家スクリャービンについて。(←クリックしてご覧下さい)