集会所の音楽教室~幼少期 その2

楽譜進行マップ
楽譜体験マップ

ピアノを始めて1年が経ちました。相変わらず町の音楽教室に通っていました。

一般的に受験コースのピアノレッスンは、指の訓練の曲、練習曲、バロック音楽、古典派音楽、ロマン派音楽・近代音楽という5本柱で進んで行くのですが、表にしてみると既に幼児期からそうであったことにびっくりです。

この頃は週1回のレッスンでしたが、何分だったかは忘れました。仲の良い友達はピアノを習っていなかったので、自分の進度などはわからなかったと思います。

私は家で練習している時よりも、先生の前で弾く方が上手に弾けるタイプだったので、母に「この曲も合格できたの??」と言われることが度々ありました。

ブルグミュラー25の練習曲(楽譜種別:ロマン派)

5歳頃。
こちらも日本では有名な楽譜で、バイエルの次はこれだったという人が多いと思います。その人気は今も健在です。

バイエルの最後の方よりも簡単なので、私はバイエルが終わる頃に並行して始めていました。1年くらいかかったようなので、1ヶ月に2曲合格するペースです。

ツェルニーリトルピアニスト(楽譜種別:練習曲)

5歳~7歳頃。
ツェルニーはたくさんの練習曲を残しています。初級で有名なのはツェルニー100番ですが、私はなぜかちょっとマイナーなリトルピアニストを渡されました。

始めの方は譜読みが簡単です。メトードローズの系列にはピアノの練習ABCがありますが、こちらはやりませんでした。当時の私は、ツェルニーは100番をやりたかったし、ピアノの練習ABCも魅力的でした。

こどものバッハ(楽譜種別:バロック)

7歳~9歳頃。
バロック音楽の入門書です。アンナ・マクダレーナやプレ・インヴェンションのような楽譜ですが、子供が見やすいように大きな音符になっています。

小学校に上がってから『こどもの…』という題名とにぎやかな表紙が、ちょっと恥ずかしかったです。

ピアノのテクニック(楽譜種別:指の訓練の曲)

6歳~9歳頃。
指の基礎訓練の楽譜です。『ハノン』は2オクターブ往復の練習曲ですが、こちらは1オクターブで折り返します。

しかも1曲の中で最初と折り返し、最後の合計4小節しか楽譜がなくて、以下同様という合理的な書き方です。いつまで経っても終わらない~早く『ハノン』になりたいな~と思っていました。

ピアノ小曲集(楽譜種別:バロック、古典派、ロマン派混在)

4歳~7歳頃。
タイトルがついた自由曲です。初めての発表会では『人形の夢と目覚め』を4歳の終わりで弾きました。5歳の時はリヒナーの『ジプシーの踊り』でした。そこそこ速くは弾けましたが、オクターブが届かず下の音だけ弾いていたようです。『エリーゼのために』もこの頃に弾きました。