ピアノを弾く姿勢と椅子の位置

ピアノレッスンでは、余計な力が入っていると先生が注意してくれますが、独学では注意してくれる人はいません。

腕や肩に力が入っていないか、常に確認しながら弾きましょう。

ピアノを弾く良い姿勢

ピアノを弾くとき、身体の力は基本的に抜いて楽にしますが、丹田(おへその少し下あたり)だけは力を入れます。

というか丹田に力を入れると他の所の無駄な力が抜けるので、そのまま演奏すると良いでしょう。

音の出し方で身体も自然に動くのは良いですが、無駄な力が入ったような過度な動きは避けましょう。

椅子の座り方

椅子の高さの基本は肘の角度が垂直になる位置です。それを基準にして、自分の弾きやすい高さに合わせます。

例えば、少し高めの方がオクターブが弾きやすいとか、低めの方が指が動きやすいなど、個人によって差があると思います。

また、ピアノの中央に座ったら曲の最後までその場所で弾くのが一般的です。音の高低に対してお尻を左右に移動させることは集中力を欠きます。いかにも素人的で見栄えもよくありません。