エリーゼのために 左手の演奏(A)

音声のみの再生はこちら↓↓


解説はこちら↓↓をスクロールしてご覧ください♪


A-左手の練習です。

速さはゆっくりめのメトロノーム50にしています。右手を入れる時のためにメトロノーム音は初めに6つ入ります。
注)最初の小節は不完全小節のため、1小節とはカウントしません。

Aは(a-a-b-a-b-a)の構成になっています。
ここは有名なフレーズですが、速く弾きすぎると後で大変なことになるので注意しましょう。

a(1小節目からリピート記号まで)
2小節目(8秒辺り)
16分音符が3つ並んでいますが、手首を使ってだんだん力を抜くように弾くと美しいです。

b(2番カッコからa tempoの前まで)
5小節目(1分13秒)
最初の音「低いミ」は前のフレーズの解決音でもあります。あまり強く弾かないように注意しましょう。

間違えなく弾けるようになってきたら,この動画に合わせて右手を弾いて下さい。メトロノーム音が2つ鳴ってから右を弾き始めて下さいね。
こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む