アラベスク 左手の演奏

音声のみの再生はこちら↓↓


解説はこちら↓↓をスクロールしてご覧ください♪


初めに左手だけを練習しましょう。

速さはゆっくりめのメトロノーム50にしています。リズムが取りにくい方は、8分音符でメトロノーム100にしても良いです。4分の2拍子なので最初にメトロノーム音が2つ入ります。

前奏が2小節。(2秒~7秒)その後、似たような8小節が2回あります。
(A…7秒~26秒、A’… 26秒~45秒)
後々速く弾けるように、指使いは絶対にこの通りにして下さい。

ずっと4分音符のスタッカートが付いていますね。注意するのは1番カッコです。そこだけ8分音符のスタッカートです。

そして2拍目はスタッカートがなく、アクセントとsfが付いています。「この音を強調して」という意味ですね。ここがスケルツァンドらしさの出るところです。

2番カッコを過ぎると、次の8小節は左手がメロディになります。
(B…45秒~1分5秒)
しかもフォルテ(強く)です。7、8小節目は少し難しいですが、指使いは守りましょう。特に8小節目の頭の音を1の指にしておかないと、次の和音へのスラーが出来ません。

poco rallで「ゆっくり弾くように」という指示があるので慌てず弾きましょう。

2番カッコ以降(C…2分~2分17秒)は後奏です。後ろの2小節が跳躍するのでしっかり練習しましょう。最後の音にはフェルマータが付いているので、十分伸ばして下さい。
こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む