音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  戦場のメリークリスマス~坂本龍一

戦場のメリークリスマス~坂本龍一

初中級~中級★★★
※この曲は、このレベルの中ではテクニック・表現ともに難しいです。

変ロ短調(原曲も同じ)
ピアノアレンジ 荻原よう子

1983年、大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」主題歌。

坂本龍一氏の映画音楽デビュー作品で、英国アカデミー賞作曲賞も受賞した不朽の名作です。

この曲は日本のヨナ抜き音階を使って作曲されています。

また4度の響きも独特でオリエンタルです。

しかし坂本龍一は日本的な曲を作ったのではなく、むしろ東洋でも西洋でもない作品を作ったということです。

坂本龍一作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~ほぼ8小節ずつ(楽譜掲載の記号に準じます)

前奏{X-Y}
あ{A-B-C}
い{D}
う{E-F}
え{G}
お{H-I-J}
か{K}

弾き方

ペダル記号は書いてありませんが、コードネームの辺りで適宜に踏んでください。 ペダルの使い方

X、Y…8分の12拍子は1小節の中に8分音符が12個ある拍子です。楽譜をご覧の通り、1小節が大きく4拍に分かれています。8分の3拍子が4つつながっていると捉えるとわかりやすいと思います。
また、わかりにくい方は4分の4拍子で8分音符は3連符と捉えると弾きやすいかもしれません。
この部分は「あ」~「お」よりゆったりした速さです。

X…装飾記号はアルペジオです。 アルペジオの弾き方 小節と小節の間が開かないように、前の小節の最後から弾き始めてください。 8vaの弾き方
右手は粒をそろえて弾きますが、動きのある高い音だけ少しキラキラ感を出しました。

Y…左手2拍目が強すぎると子供っぽくなってしまいます。4小節目はこちらと同じ弾き方になります。

A、B、C…右手に出てくる4度の重音はこの曲の特徴で、神秘的、オリエンタルな響きを作っています。なるべく切れないように指使いを考えて弾いてください。上の音がメロディーになっているので、特に気をつけましょう。
A、B、Cは少しずつ違うので、どこがどのように違うか頭に入れておきましょう。特に暗譜は難しいです。

D…左手の全音符がおろそかにならないように注意します。 8va bassa「1オクターブ低く」

E、F…更に音が加わり華やかになります。右手6度の和音もしっかり歌いこみましょう。

G…アクセント以外の音は控えめにしたほうが緊張感が出ます。

H、I…Gの音型が左手に引き継がれます。強すぎてメロディーを消さないように注意してください。

J…いよいよクライマックスも最終です。左手の分散和音は真ん中で盛り上がるように弾くと一層華やかです。最後はだんだん静まっていきます。

K…ここからまた速度がゆっくりになります。左手はトレモロです。数えなくてもたくさん弾けば問題ありません。 トレモロの弾き方 複前打音の弾き方

アレンジした曲なので、どうしても難しくて弾けないところは、少し弾きやすく変更しても許されると思います。

動画のピアノ演奏は参考なので作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン