音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  カスタネット~ギロック 

カスタネット~ギロック 

初級~初中級★☆☆
ホ短調(調号未記入)

細かく強弱を付けるのは難しいですが、スペインのフラメンコのように弾いてみましょう。

フラメンコを踊っている動画は、ぜひ見て研究してください。

最後の歌わせる部分が腕の見せ所です。

ギロック作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

前奏{A}
あ{B-C-B-C’}
い{D-E-D’-F(6小節)}
あ’{A’-A-G(2小節)}
う{H(7小節)-I(3小節)}
え{J}

弾き方

Steadily, in slow motion「しっかりと ゆっくりとした動きで」

A…1拍目はアクセント(その音を強調して少し強く)を付けて短く切ります。すぐに弱くして次の小節の1拍目に向けてだんだん強くします。その後の2、3拍目はだんだん弱くして行きます。
このワンフレーズ(2小節)がこの曲のリズムとなっています。

B…Singing「歌うように」
右手を歌わせながら、左手は「A」のリズムの伴奏です。右手の長い音は実際は伸ばすにつれて弱くなっていきますが、左手をだんだん強くして行くことによって右手も強くなってくるように錯覚されます。ペダルの踏み方

C…両手ともに少し弱くして行きます。

D…メロディーと伴奏が左右逆転しました。

E…左手2小節目はテヌートが付いているので、特にしっかり歌います。

D’…「D」と最後の左手だけ違うので、暗譜に注意しましょう。

F…クライマックスへ向かいます。pからffまで少しずつ音量を上げて行きましょう。
broadly「広がりをもって」

G…強弱の付け方が違うので注意して下さい。

H…Very freely, like a cadenza「カデンツァ(即興演奏)のように自由に」
右手のフェルマータの付いている音はたっぷり伸ばします。その時に左手の和音をよく聴いて溶け合うのを確認しましょう。

I…deliberately slowly 「意識的にゆっくりと」最後のフェルマータの音はゆっくり切りましょう。

J…Spirited to the end「最後まで活気よく」元の速さに戻します。
「ミ」の音は伸ばしたまま弾きます。最後の音に「8」の字が付いているので注意しましょう。8vaの弾き方

動画のピアノ演奏は参考なので作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン