発表会のプログラム演奏順は??

子供の頃、ピアノの発表会のプログラムを受け取る時はドキドキしました。

私が当時通っていたピアノ教室は、後ろになるほどだんだん上手な人になっていくというランク付けの順番で、低学年が高学年を追い越したりは当たり前のことでした。

もちろん同い年の中の順番も気になりました。 続きを読む »

ピアノのお稽古がどういうものかわかっていない

ピアノは他の習い事と違って、教室に来て弾くだけのお稽古事ではありません。

体験レッスンや入会の時に親御さんにもお話しするのですが、子供には通じていないのかなと思います。 続きを読む »

「ピアノ発表会 曲 小学〇年生」この中でおかしなワードは??

私はこのブログの他にピアノのサイトをいくつか運営しています。

管理者ページには、読者の方がどんなキーワードで訪ねて来てくださったかわかる機能があります。

そこで「ピアノ発表会 曲 小学〇年生」というキーワードを時々発見します。

この中で1つ、おかしなワードがありますね!わかりますか?? 続きを読む »

ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その2.ごまかさない

ピアノの進度が速い生徒さんは、レッスン中にもある共通点があります。

ほんのちょっとしたことなのですが、進度の差が出ます。

続きを読む »

ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その1.指使いを守る

ピアノの進度が速い生徒さんは練習をたくさんしているのでしょうか?

いえいえ、ピアノの進度は練習時間に比例するとは限りません

続きを読む »

発表会の選曲はむずかしい曲に挑戦すべきだろうか?

発表会を1年後にするという報告を、生徒さん達にしているところです。

喜ぶ人、複雑な人、いろいろですが、とにかく動き出しました。

立派な会場の割には生徒数が少ないので、なんとかこの1年でもう少し生徒を開拓したいところです。

そうしないと、生徒さん達の会費の負担も大きくなるからです。 続きを読む »

自分の実力に満たない曲に挑戦するということ

先日、体験レッスン面接をさせていただきました。

名門進学校に通う高1の女の子です。

まず、今までに弾いた曲を聞いてみてびっくり!

一応音大受験生である姪もまだ弾いていない難曲ばかりでした。 続きを読む »

とうとうここまで来たか感のある、ショパンバラード

姪がショパンバラード2番の練習を始めています。

この曲は私が音大入試で弾いた曲でもあります。 続きを読む »

ピアノレッスンは進歩した実感がなければ意味がない

「とりあえず月謝を払っておけば、何かを覚えてくるだろう。」

塾にしても、スポーツ系にしても、お稽古系にしても、親御さんはそう期待していると思います。

私の指導目標は、『進歩した実感のあるレッスン』です。 続きを読む »