Top >  ブログ  >  3次予選の採点表を考察しました!~第18回ショパン国際ピアノコンクール

3次予選の採点表を考察しました!~第18回ショパン国際ピアノコンクール

2021.11.05

ようやく第18回ショパン国際ピアノコンクールの採点表が開示されました。

反田恭平さん、小林愛実さんの採点はどうだったのでしょうか?

残念ながらここで姿を消してしまった角野隼斗(かてぃん)さんも気になります。

1次予選2次予選に続いて3次予選を見ていきましょう。

採点表

こちらからご覧ください。

scores for Stage III(3次予選採点表)

第18回ショパン国際ピアノコンクール採点表

採点表の見方

今回、抽選で「M」の方から始まりました。

演奏順、性別、氏名、国籍が明記されています。

その横にずらっと各審査員の「YES」「NO」と採点(1点~25点)があります。

「Index Y」はYESの点数を、評価した審査員の数で割ったものです。

「Points average」は修正後の平均点です。

「a」は審査員の欠席により得点がなかったということです。

「s」は師弟関係により得点がなかったことを意味します。

審査員

Dmitri Alexeev(ドミトリー・アレクセーエフ)
Sa Chen( サー・チェン)
Thai Son Dang(ダン・タイソン)
Akiko Ebi(海老彰子さん)
Philippe Giusiano(フィリップ・ジュジアーノ )
Nelson Goerner(ネルソン・ゲルナー)
Adam Harasiewicz(アダム・ハラシェヴィチ)
Krzysztof Jabłoński(クシシュトフ・ヤブウォンスキ)
Kevin Kenner(ケヴィン・ケナー)
Arthur Moreira Lima(アルトゥール・モレイラ・リマ)
Janusz Olejniczak(ヤヌーシュ・オレイニチャク)
Piotr Paleczny(ピオトル・パレチニ)
Ewa Poblocka(エヴァ・ポブウォツカ)
Katarzyna Popowa-Zydron(エカティリーナ・ポポヴァ・ズィドロン)
John Rink(ジョン・リンク)
Wojciech Switala(ヴォイチェフ・シュヴィタワ)
Dina Yoffe(ディナ・ヨッフェ)

反田恭平さん3次予選の採点

反田恭平さんは5番です。

YESが12人、NOが3人(海老彰子さん、ネルソン・ゲルナー、アダム・ハラシェヴィチ)、審査員欠席1人( クシシュトフ・ヤブウォンスキ)、師匠のパレチニ先生不参加でした。

Index Yは14÷16=0.88

得点は上記の審査員の順に20 , 24 , 21 , 19 , 20 , 19 , 20 , a , 23 , 24 , 23 , s , 22 , 20 , 24 , 21 , 24 でした。

合計324点(2人不参加)で平均点は21.6点でした。

3次予選の修正点はプラスマイナス2点なので、反田さんの場合19.6点(21.6-2)~23.6点(21.6+2)以外は修正されます。

つまり、19点は19.6点に、24点は23.6点になり、もう一度平均点を出したのがPoints average21,57点になりました。

Points average20.40点、21,5点21,57点と上り調子でファイナルを迎えます。

角野隼斗(かてぃん)さん3次予選の採点

角野隼斗(かてぃん)さんは6番です。

YESが3人(海老彰子さん、アルトゥール・モレイラ・リマ、ディナ・ヨッフェ)、NOが13人、審査員欠席1人( クシシュトフ・ヤブウォンスキ)でした。

素晴らしい演奏でしたが、コンクールとなるとやはり厳しいですね。

Index Yは3÷16=0.19

得点は上記の審査員の順に20 , 19 , 19 , 21 , 18 , 18 , 19 , a , 19 , 21 , 20 , 19 , 17 , 16 , 18 ,19 , 22 でした。

合計305点で平均点は19.06点です。

3次予選の修正点はプラスマイナス2点なので、角野さんの場合17.06点(19.06-2)~21.06点(19.06+2)以外は修正されます。

つまり、16点は17.06点に、22点は21.06点になり、Points average19.07点になりました。

小林愛実さん3次予選の採点

小林愛実さんは19番です。

YESが14人、NOが2人(サー・チェン、ケヴィン・ケナー)、審査員欠席1人( クシシュトフ・ヤブウォンスキ)でした。

アダム・ハラシェヴィチにやっと認められました!

しかしサー・チェンにはあと一息だったようです。

Index Yは14÷16=0.81

得点は上記の審査員の順に20 , 20 , 23 , 23 , 20 , 23 , 20 , a , 19 , 20 , 23 , 24 , 25 , 24 , 25 , 23 , 25 でした。

満点が3人もいる高得点です。

合計357点で平均点は22.31点です。

3次予選の修正点はプラスマイナス2点なので、小林さんの場合20.31点(22.31-2)~24.31点(22.31+2)以外は修正されます。

つまり、19点、20点は20.31点に、25点は24.31点になり、Points average22.36点になりました。

実はこの得点は3次審査において2番目に高かったのです。

一番高かったのはやはりあのお方…。

全員YESをもらったコンテスタント

23番 Bruce (Xiaoyu) Liu 23,22(ファイナリスト)

つまり、優勝したブルース・シャオユー・リウは、1次予選、2次予選、3次予選、すべてを通してトップを独走していたわけです!

1次予選の採点表を考察しました!~第18回ショパン国際ピアノコンクール

2次予選の採点表を考察しました!~第18回ショパン国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクールに関連する他の記事はこちらからどうぞ。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン