Top >  ブログ  >  小林愛実さん、第18回ショパン国際ピアノコンクール・一次審査前にオールショパンプログラムのリサイタル

小林愛実さん、第18回ショパン国際ピアノコンクール・一次審査前にオールショパンプログラムのリサイタル

2021.07.29

小林愛実さんが予備予選を突破されました。

反田恭平さんに引き続き、こちらも息つく間もなく、コンサートが始まります。

プログラムはどのような曲目なのか、非常に興味がありますね。

一次審査以降のステージで披露される有力候補です。

そのプログラムは?

小林愛実さんの2つのプログラムを比べてみましょう!

予備予選プログラム

マズルカ Op.30-no.3 (変二長調)
マズルカ Op.30-no.4 (嬰ハ短調 )
エチュード Op.10-no.5 黒鍵(変ト長調)
エチュード Op.25-no.6 (嬰ト短調)
ノクターン Op.48-no.2(嬰へ短調)
バラード 第2番 Op.38 (へ長調)

リサイタルプログラム

ポロネーズ 第7番 変イ長調「幻想」op.61
バラード 第2番 ヘ長調 op.38
ワルツ 第5番 変イ長調 op.42 「大円舞曲」
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22

いずれも大曲ですが、これ以外にもアンコールプログラムとして数曲弾かれると思います!

一次審査の課題曲もご覧ください。

10月の一次審査では予備予選の曲(前ステージの曲)は弾けないので、『バラード2番』は外れます。

三次審査ではまた弾けると思います。

ちなみに『 ワルツ 第5番 変イ長調 op.42 「大円舞曲」 』 『ポロネーズ 第7番 変イ長調「幻想」op.61 』『アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22』は二次審査の課題曲です。

この3曲がバッチリ重なるので、おそらく二次審査はこの3曲ではないでしょうか!

小林愛実ピアノを知る  2021の会場はこちらです。

なら100年会館 中ホール (奈良県)

8月14日(土)14:00~(13:15開場)
8月15日(日)14:00~(13:15開場)

そして、このコンサートを企画しているのが、『Solistiade(ソリスティアーデ)』というからびっくり!

『Solistiade』は反田恭平さんが若手演奏家の仲間たちと一緒に作っている音楽サロンです。

いずれの日も「スペシャルゲストあり」となっていますが、誰なんでしょうか⁇

ショパン国際ピアノコンクールに関連する他の記事はこちらからどうぞ。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン