ピアノ発表会おすすめ曲・人気ランキング~2020年12月

ピアノ発表会おすすめ曲 人気ランキングでは1ヶ月ごとにアクセス数の多かった曲を集計しています。

2020年12月の感想は

11月には入っていなかった曲が3曲ありましたので、ご紹介したいと思います。

まず初級レベルではベートーヴェン作曲の『エコセーズWoO.23』

エコセーズは2拍子のスコットランドの舞曲で、ベートーヴェンは好んで何曲も作曲しています。

ベートーヴェンだけではなく、実はショパンやシューベルトもエコセーズを作曲しています。

18世紀末~19世紀にかけて、ヨーロッパで大流行したようですね。

ベートーヴェンのエコセーズでは少し難しい曲もあり、こちらもなかなか有名なので、いつか録画したいと思っています。

初級~初中級レベルでの新曲はバッハの息子、C.Ph.E.バッハ作曲の『ポロネーズ(BWV Anh.125)』でした。

ポロネーズはポ-ランド風という意味があり、ショパンも有名ですが、バロック時代にもたくさん作られました。

発表会では現代風な曲が好まれる傾向がありますが、このようなハッキリスッキリした曲も逆に印象に残ります。

初中級のランクインは平吉毅州作曲の『チューリップのラインダンス』です。

この曲は子供達に人気の曲で、今や発表会の定番曲です。

人気曲ランキングを見てみると、全体的にはやはり明るい長調の曲が好まれるようです。

短調=悲しい暗い曲という誤解がありますが、情熱的で魂が揺さぶられる曲も多いので、ぜひ聴いてみてくださいね。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会前に演奏を誰かに聴いてもらいたい…

あがり症を克服したい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください