ピアノを習いたいと子供が言うまでピアノを習い始めるのを待つのが正解か??

体験レッスンに来ていただいた方にお聞きしていることがあります。

「なぜピアノを習わそうと思われましたか?」

その中で、「本人がピアノを習いたいと言ったので」というお答えがあります。

それはそれで素晴らしいことだと思いますが、本人が習いたいと言うまで体験レッスンを受けなかったというのは、もったいないなぁと思います。

ちょっと残酷なデータがあります。

ピアノを習いたいという意思が芽生えるのは、少し年齢が行ってからだと思います。

そういうお子さんは、体験レッスンに来られた後、順調にスタートして曲も結構進みますが、残念なことに音感が手遅れになっている場合が多いのです。

歌の音程が大きく外れていたり、「ド」と「レ」の区別はできても「ファ」と「ラ」がさっぱり…ということもあります。

子供の1年間は貴重ということが身に染みてわかります。

結局音感が伴っていないと、間違った音を弾いていても気付かないなど、とても苦労します。

せっかくピアノが好きなのに残念…。

本人の意思を尊重するのは大切だと思いますが、先回りをして道を照らしてあげるのは親御さんにしかできないことです。

♪音感に関するオススメの記事♪
音感というプレゼント
大丈夫ですか?幼児期に大切な音の聞き取り
続・大丈夫ですか?幼児期に大切な音の聞き取り

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください