ショパン作曲「プレリュード ホ短調 Op.28-4」をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、ショパン作曲「プレリュード ホ短調 Op.28-4」を演奏してみました♪

映画「戦場のピアニスト」の中でも演奏されていた曲です。

ショパンの葬儀のときにはオルガン奏者によってオルガンで演奏されたと言われています。

弾けば弾くほど好きになっていきました。

flowkeyでは「上級者」レベルとして扱われています。

ショパンのプレリュードは、1839年1月にマジョルカ島で完成させた短い小品集です。

右手の旋律を左手の半音階和声が支えています。

左手の和音の構成を捉えて、単調にならないように音色を考えながら演奏しています。

flowkeyについてまとめたサイトを作っていますので、気になる方はご覧ください。
ピアノ練習アプリ flowkey 徹底ガイド

flowkey公式サイトのリンクも貼っておきます。
flowkey公式サイト

【ピアノ練習アプリflowkeyの関連ブログ】
パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ曲
アメリのワルツ
ファイナルファンタジー8のエンディング曲
My Heart Will Go On
シンプソンズのテーマ曲
Summer(菊次郎の夏)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください