個人ピアノ教室で体験レッスンを申し込む場合のメールの出し方~フォームがある場合

楽器店の音楽教室のようには、なかなか宣伝が行き届いていない個人ピアノ教室。

私のピアノ教師仲間でもホームページを持っている人は少数です。

でもホームページがなくても、ピアノ教室登録サイトに申し込んでいるピアノの先生は結構多いと思います。

個人のピアノ教室に体験レッスンを申し込む時の注意点について書いてみたいと思います。

決まったフォームがある場合はそこに情報を書きましょう。

ピアノ教室登録サイトを経由する場合は、この時点では名前やメアドなど個人情報はピアノの先生に行きません。

年齢、性別、だいたいの住所(出張レッスンの場合)、希望曜日・時間などが伝わります。

先生側でOKなら、次の段階である直接のやり取りに進みます。

個人のホームページでもフォームがある場合があり、その場合は最初から直接先生が目を通すことになります。

いずれにしても備考欄などに「どうぞよろしくお願い致します」と一言添えると、やっぱり印象が良いですね。

次回はフォームがない場合について。

個人ピアノ教室に関する他の記事
信頼関係のもとに多少融通が効くピアノの個人レッスン
ピアノ教師にとって教室は個人か楽器店かどちらがよいか?part1.
ピアノ教師にとって教室は個人か楽器店かどちらがよいか?part2.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください