ピアノ発表会が延期した場合、曲はどうする?

このコロナ騒ぎでピアノの発表会が中止になったり延期になったりという話もよく聞きました。

先生も生徒さんも悔しいというかむなしいというか…残念でならないという気持ちが痛いほどわかります。

しかし、次に向けて出発するしかありません。

そこで曲をどうするかという問題が起きます。同じ曲にするか違う曲にするか…

せっかく上手になってきたのに未発表のまま終わるのは残念ですね。

思い切って違う曲にする場合はまた一から頑張るのみですが、同じ曲で行く場合は注意点があります。

その曲をずっと弾き続けていると素晴らしく上手くなるかというと、そうでもないのが現実だからです。

細々と弾き続けずに、一旦終了して違う曲を練習した方が良いと思います。

その作曲家の他の作品でも良いし、全く別の他の作曲家の作品でも良いですね。

そうやって曲を寝かせておくと、再開した時に新しい発見があります。

また、別の曲をやっていくにつれて、新たに弾きたい曲が現れるかもしれません。

ただし、これはある程度弾ける大きな生徒さんの話です。

幼児や低学年の生徒さんは、身体の成長に伴って手も大きくなるし、ピアノのテクニックや表現力も目に見えて発達するので、絶対別の曲にするべきだと思います。

発表会の選曲に関する他の記事
発表会の選曲は難しい曲に挑戦すべきだろうか?
発表会の選曲もピアノ教師の腕の見せどころ
動画で選べる!!ピアノ中級上級おすすめ曲

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください