第18回ショパン国際ピアノコンクールは2021年に

ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、やはり延期されました。

ショパンコンクールは5年に1度の大イベントですが、この1年が凶と出るか吉と出るか!

理由は大きく2つあります。

・ソーシャル・ディスタンスを保つのが困難であること

コンテスタント、審査員、聴衆、取材スタッフ、運営スタッフなどですね。

無観客も提案されたようですが、コンサート形式のライブ感が必要不可欠ということで却下されたようです。

・国境をまたいでの移動ができないこと

本番にのぞむコンテスタント、審査員はもちろんのことですが、国境を越えてのレッスンができないというのも大きいです。

一流ピアニストにとっては外国にレッスンを受けに行くのは当たり前のことなのです。

さて、コンテスタントはこのコンクールに向けて仕上げてきたには違いないのですが、ピークを保ち続けることはできません。

選ばれたコンテスタント達は、初心に帰りこの1年で更にステップアップされることと思います。

国内外で既に活躍しているピアニストばかりなので、コロナが治まったらコンサートもこなされるでしょう。しかもショパンに限らずです。

そのコンサートの日程の調整も大変だろうし、もしかしたらプログラムを変更しなくてはならないかもしれません。

それにしても2021年はピアノコンクールラッシュです。エリザベート王妃国際コンクールピアノ部門(延期のため)、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール、浜松国際ピアノコンクール…

中にはショパン国際ピアノコンクールで弾みをつけて翌年に…と思っておられたコンテスタントもいらっしゃったと思います。

来年は混乱のないことを願うばかりです。

ショパン国際ピアノコンクールに関する他の記事】
アニメ『ピアノの森』第2シリーズは2019年♪2020年はショパンコンクール!
牛田智大さんとショパン国際ピアノコンクール~テレビ・おんがく交差点より
今年は絶対おもしろい、第18回 ショパン国際ピアノコンクール!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください