レッスン中に楽譜をめくる時

ピアノのレッスンで次のページをめくらなければいけない時がありますね。

私の高校~音大生時代は、先生がめくってくださったという記憶はありません。

私の恩師の先生は、ページをめくる時の時間ロスを許して下さいましたが、私の友人の先生のところはダメだったようです。

つまり、初回でも暗譜が当然だったのです。少なくとも拍子が狂うことなく、片手でサッとめくれる場所までは暗譜しておくということです。

思い出してみると、私も弾きながらサッとめくれる練習は常にしていたと思います。どの楽譜も右下がヨレているのが証拠です。

そう考えると今の私は何と甘いことでしょう!譜めくりは私の仕事のようになっています。

幼い生徒さんは、私の譜めくりをじーっと待っています。きっと家ではお母さんがされるのでしょう。

ピアノの楽譜は結構分厚いので、ピシッと開き切っていないこともしばしば。

私は違う本で楽譜の端を押さえるということが好きではありません。譜めくりの度にまた押さえ直すのも面倒です。

そんな時はきっちり中開きに折って、ちょっとやそっとでは閉じないようにしておきます。こうしておくと譜めくりの手間が少し楽になります。

そんなことを思いつつ、高学年には自分で譜めくりをしてもらう、ということを決めました。

自分で譜めくりをすることは機敏でないとできませんが、どのタイミングでどのようにめくれば良いかということも、ピアノレッスンのうちだと思います。

譜めくりに関するブログ】
ピアノレッスンの時に指輪は外しますか?
楽譜作りはピアノ連弾の成功の第一歩
頭の中が真っ白になってしまった苦い経験

Comment

  1. 譜めくりって、本当に上手な人は上手に譜めくりしますよね。
    今は、iPadで楽譜を見て足で譜めくりしてる人もいますね。
    時代は変わりましたね。

    • pianeys より:

      やがて「楽譜はiPad」の時代が来るのでしょうか⁈
      私は最近乾燥肌で譜めくりが苦手になってきました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください