ピアノ教室でピアノの練習をする…?

ピアノ教室という所は、厳密に言うとピアノを練習するところではありません。

自宅でピアノを練習してきた成果を先生に見てもらう所です!

ところが、スイミングや体操教室と同じようにピアノを考えておられる親御さんがいらっしゃいます。

まず「ピアノレッスン」という言葉。レッスンには授業やお稽古に加えて練習という意味もあります。

だいぶん前になりますが、生徒のお母さんが「ピアノの練習をお休みさせて下さい」と欠席の連絡をされてこられたことがありました。

確かにその生徒さんはあまり練習をしてこないタイプだったのですが、レッスン=練習と考えておられるなら大問題です。

ピアノを習うということは、88鍵の鍵盤楽器が自宅にあり、宿題で出された曲をできるだけ毎日練習して、ピアノのお稽古日に先生に見ていただいてマルをもらう、ということです。

常識と思っていたことがそうではないようだったので、翌週にその生徒さんにそのことを伝えて確認してもらいました。

それ以降、その点を必ず体験レッスンの時にお伝えするようにしています。

しかしあまりにも弾けない時は「この2小節を今から3分間練習しなさい」と言って、タイマーをセットして私は部屋から出ます。

この必死の3分間は結構効き目があります。たいてい見違えるように弾けるようになっています。

Pianeys公式Twitter
ツィッター始めました。もしよろしければフォローしてみてください。

【自宅でのピアノ練習の関連記事】
疑問に思う家でのピアノ練習時間
必ず弾けるようになる練習法
練習してこない生徒への奇妙な宿題

Pianeys公式Twitter

Comment

  1. 明けましておめでとうございます
    本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
    わたしはそれを見越して、
    ピアノ教室ではある程度弾けるように
    コツを教えています。
    ピアノの先生もサービス業だと思ってます。
    今の時代、子どももストレスを抱えているので、癒やしの場と思ってますよ。ダメかな~。

    • pianeys より:

      明けましておめでとうございます。
      素晴らしいと思いますよ!
      今年もお互いがんばっていきましょう♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください