疑問に思う家でのピアノ練習時間

幼稚園の年中さんの〇ちゃん。とても真面目なご両親に愛情一杯に育てられておられます。

去年からピアノレッスンを始められて、サクサクと進み、将来が楽しみなお子さんでした。

しかし数か月後、やはりお母さんが譜読みを全部してあげているということがわかり、それをやめてもらってからはガクンと落ちてしまいました。

ピアノ教室のレッスンでは、宿題とは別の楽譜を使って音読みを繰り返していますが、いったい今までの時間は何だったのだろう?というくらいできません。

〇ちゃんはその後、自分1人で毎日家で1時間も練習しているとのことですが、間違えているところはそのままで直していないことが多いです。

お母さんは「一人で1時間も練習するんですよ~」と満足げにおっしゃるのですが、良い練習にはなっていないので、悪い癖がそのまま増幅しているだけなのです。

ピアノの天才児がソナタなどを弾くのなら話は別ですが、だいたい両手がやっとの5歳児に1時間もピアノ練習を一人でさせるということが疑問です。

幼児の集中力問題もあるし、1日15分でも積み重ねれば伸びて行くと思います。

ピアノ教室のレッスンなら、5分間徹底的に弾かせるだけで見違えるようになります。

完全に付きっ切り状態から完全に突き放された〇ちゃん。お母さんは「今スランプで~」と眉をひそめられるのですが、スランプを作ってしまった原因はお母さんにもあると思います。

ピアノの譜読み関連ブログ】
初見を鍛えるピアノレッスン
導入期における手抜きのピアノ指導
楽しくピアノを弾けるようになりたいと願うなら

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください