背筋も凍るお中元

恒例のピアノ教師仲間の集まりがありました。またしても出るわ出るわの本音トーク!

まずはお中元から。

実は今までで一番怖かったんだけど…と友人ピアノ教師が語り出しました。

もうだいぶん前のことですが、若い大人の生徒さんから現金のお中元をいただいたそうです。…が、なんとその封筒が法要などに使うのし袋でした!黄色とグレーの水引の付いたやつです。

友人は笑顔で頂戴したそうですが、背筋が凍り付いたと言っていました。

もしかして自分の指導に不満があり、今日が最後なのかとも思いましたが、特に何事もなくレッスンは無事終了したようです。

次の日友人は、買い物ついでにのし袋を確認しようと文具屋さんへ行きました。

お香典袋の隣に法事の袋がありました。やはり黄色にグレー、または黄色に白でした。

しかしその横のお祝い袋を見ると、赤と白の水引の他に、のしあわびや赤い縁取りの付いた封筒に金と銀の水引の物もありました。

なるほど、黄色は金、グレーは銀と解釈されたのかもしれません。若い人の感性だったのでしょう。

その生徒さんは結婚して遠くに行かれ、ピアノ教室もやめられたそうです。親戚の法事などでのし袋の真実を知り、今頃驚愕しているかもしれないね~と盛り上がりました。

お中元の関連ブログ】
ピアノ生徒・保護者の鑑(かがみ)
お中元の季節で思う事~師匠へのお中元
ピアノ教室・お中元の渡し方、受け取り方

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください