ピアノ教師が途中でレッスン室を退席するとき

もう4回目なのにまだ同じところがつっかえる〇ちゃん。

うちの教室では、新しい曲を渡すときに片手ずつの初見をしてもらい、両手の宿題にしています。

時間がある時は両手での初見も見ますが、〇ちゃんは結構できていたのです。ところがレッスンでは2回目、3回目、4回目と進化しません。

間違える音や指使いには印を付けているし、特に怪しい4小節は「ここだけ練習」と赤字で書き込んでいます。

いつも同じところかその前後で引っかかります。右手ができても左手がダメ。

昨日のレッスンでカチキレた私は
「もう、先生は注意をし尽くしたから、今から一人で練習しなさい!5分後に来ます。」
と言ってレッスン室を出ました。

一体どんな練習をするのかと、レッスン室の外で聞いていると、片手ずつ速く弾くばかりでした。つまり、手に覚えこませようとしているのです。普段の練習を垣間見ることができました。

5分後にレッスン室に入ってもう一度弾かせても、相変わらず間違えたり止まったりしています。

「ピアノの練習とは単に手に覚え込ませるのではなく、脳みそを使って頭に覚え込ませること」
このことを教えて、もう一度きちんと両手練習をしてもらいました。

仕上げの段階では手に覚えこませるような練習も有効ですが、まだまだの段階では良い練習ではありません。

私の恩師も途中で退席することがあり、一人で練習させられたこともありました。その時間も5分や10分ではなく、30分以上に及ぶこともありました。今は昔の懐かしい思い出です。

子供のピアノレッスンの関連ブログ】
ピアノが弾けないお母さんと生徒さんの関係
頭を抱えるピアノ発表会の仕上がり
音符の学習障害もあるかもしれない

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください