注意を無視して弾き続ける~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

こちらは一点集中型の生徒さん。全く悪意はないと思うのですが、教える側はとにかく疲れます。

意外とどこのピアノ教室にもいらっしゃるみたいです。

例えば、「これは大事な音だから、もう少しハッキリ弾いてね。(弾いて下さいね。)」と言っても、ご本人は次の事に必死で聞く耳を持ちません。「ストップ、ストップ!」と言ってさえぎるか、肩など身体の一部をトントンするかなど、特別なことをしない限り止まってくれないのです。

そういうことが数回、数十回続くと、だんだんこちらもしんどくなって注意ができにくくなります。「これは大事な音だから、もう少しハッキリ弾いてね。(弾いて下さいね。)」という注意もむなしく、弾き終わってから色々な注意を楽譜に書き込んで、もう一度説明することになります。

しかし、その際にもあまり注意が反映されることはありません。とにかくいつも指が動いているのです。

小さい生徒さんなら「先生が注意した時はすぐに弾くのをやめて話を聞いてね。」と言えますが、大人の生徒さんにはなかなか言いにくいです。

根が真面目な人にそのような方が多い、というのが実感です。

ちょっと教えにくい生徒さんシリーズの他の記事】
同じ間違いを何回も繰り返す~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
進度が遅くても平気な人~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
風邪の時はマスクをしてほしい~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください