お迎えがズルズル遅くなる~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

うちのピアノ教室は、基本的には保護者の方が同伴されません。

理由は色々ありますが、いらっしゃらない方が私も生徒さんもやりやすいというのが大きな理由の一つです。

徒歩圏内の生徒さんも少数なので、車や自転車の送迎だけという保護者の方がほとんどです。

保護者さんの性格が良くわかるのが送迎時間です。

あらかじめピアノレッスンの終了時間には待機して下さいとお願いしているにも関わらず、毎回5分10分遅れる方がいらっしゃいます。

生徒さんだけ外に出すわけに行かず、レッスン室で待ってもらいます。

レッスン時間は終わっているため、ドリルをやらせるのも不公平になるので生徒さんは手持無沙汰に待っているだけ。

以前、本を貸してあげたりしたことがありましたが、どんどんお迎えの時間が遅くなっていったのでやめました。

生徒さんが外で待っていないので、いつも終わるのが伸びていると思われているかもと思い、「もう少し早くお迎えに来てくれるようにお母さんに言ってね。」と言ったこともありますが、あまり変化はありません。

多分こういう方は時間にルーズなのかとも思いますが、来る時間は早すぎたりもするのです。

毎回続くという方は、自分の時間を作りたくてピアノ教室を託児所代わりに使っていると言っても過言ではありません。

友人のピアノ教室では、子供をピアノ教室に送り込んでる間にゴルフの練習場にいくパパさんがいて(子供の証言で判明)、お迎えがすごく遅くて困っているということです。

また別の友人のピアノ教室では、単なる子供の送迎にしてはバッチリメイクの日があるお母さんがいて、友人はちょっと怪しいのではないかと疑っています。

ピアノの生徒さんには何の罪もありませんが、親御さんのお迎えが遅いのが続くとあまり気持ちの良いものではありません。

ちょっと教えにくい生徒さんシリーズの他の記事】
ピアノ教師のプライベートに興味津々~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
忘れ物が多い~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
必ずトイレに行く~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください