眠たさが限界!~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

幼児や小学校低学年の生徒さんの話ですが、ピアノのレッスンで本当にピアノを弾きながら寝る子がいます!

これは誰でもという訳ではありません。

毎回決まった子供達です。

ちょっと教えにくいというどころか、教えられません。。。

何回注意しても直らないな~と思って生徒さんの顔を見ると、瞼が落ちた半眼状態!こうなるとピアノのレッスンはこれ以上は無理です。

音楽ドリルなど違うことをさせてからもう一度ピアノレッスンに戻ります。でも鉛筆を握りながら寝る子もいて…。「5分だけ寝る?」と聞くと「うん」と言って速攻寝る子もいます。

そして結構当てはまるのが、お母さんがフルタイムで働いているお子さん達です。しかも保育園での課外活動で色々な習い事があるなど、オーバーワーク気味の子供達です。

生活も大人のリズムになっているのかもしれません。せっかく家でピアノの練習をしてきたのにもったいないと思います。

「今日は眠たすぎてレッスンになりませんでした」とお伝えすると、ピアノレッスンの前日はなるべく早く寝かせるなど考慮していただき、ちゃんとレッスンできるようになってきました。

学年が上がってくると体力も付いてきますが、大切な幼児期のレッスンは注意が必要かと思います。

ちょっと教えにくい生徒さんシリーズの他の記事】
注意を無視して弾き続ける~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
必ずトイレに行く~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
骨が折れる予感がする新しい生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください