忘れ物が多い~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

ご両親共に高学歴で、おそらく高収入であろうg君、h君兄弟のお宅。

g君は年少さん、h君は年長さんです。

さぞかし優秀な兄弟と思いきや…。

ご両親共にお仕事をされていることもあり、何から何まで「自分たちでやりなさい」という教育方針のご家庭です。もちろんピアノ教室のレッスンも付き添ったことがなく、ピアノの練習もピアノ教室へ来る準備も自分たちでしているようです。

ご両親はピアノを習ったことがないそうで、声掛けも含めて全く家での練習にはタッチされておられません。その教育方針はある意味立派だと思いますが、年少さんと年長さんでは幼すぎるように思います。

結局ピアノ教室での練習が全てという事態になっています。当然進度は遅いのですが、その他に他の子ではあり得ない間違いも多々あります。

しかし困るのはそれだけではなく、楽譜などの忘れ物が非常に多いということです。

初めの頃はピアノ教室にある楽譜でレッスンしていましたが、あまりにも忘れるので貸さないことにしました。

そのときは別の楽譜を使って初見で弾いてもらうレッスンなどに切り替えています。

筆箱も同様で、鉛筆と消しゴムをカバンにほうりこんでくるだけです。カバンをひっくり返してもないということが何度もありました。

ピアノのレッスンバッグが見当たらないと言って手ぶらで来ることもありました。やはり1週間、ピアノを弾いていないというのがバレバレです。

本人たちの意識が低いので、いくら注意しても改善しません。ピアノのレッスンバッグは結局3週間見つからず、もう一揃い楽譜を買い直されました。

もしかしたらピアノが嫌で隠したのかも??とよぎりましたが、それならそれで幼いのに恐るべしです。

ついでに100金でいいので筆箱をレッスンバッグに常備しておいてくださいとお伝えしました。

いったいどんな子供に成長するのか!?

とりあえず、ピアノ発表会で弾かせる曲に困っています。

ちょっと教えにくい生徒さんシリーズの他の記事】
風邪の時はマスクをしてほしい~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
眠たさが限界!~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
同じ間違いを何回も繰り返す~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください