進度が遅くても平気な人~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

幼い頃を振り返ってみると、私は教えやすいピアノの生徒だったように思います。

ピアノの上手下手は置いといての話。

今は色々な習い事に紛れてのピアノレッスンなので、習いに来る覚悟も違うかもと思います。

まず、一昔前は電子ピアノという楽器が一般的ではありませんでした。

つまり、アコースティックピアノを買うということは、部屋も狭くなるし音も大きいし値段も高いし、色々な葛藤があっての決断が必要だった訳です。

そして習いに行くということで、結構な額のお月謝も発生し、せっかく立派なピアノを買ったのだからちゃんと練習するように!と親も子もそれなりに真剣だったように思います。

ところが最近はちょっと大きなおもちゃを買う、というくらいの感覚の親御さんもいて、家での練習をおろそかにしている親子が増えています。

「とりあえずピアノを習わせているから、何か弾けるようになるだろう」というのは正解なのですが、やはり努力が欠けていては進度が遅いのは当たり前。

何週経っても初見で弾くのと変わらないのを、お家の人はどう思っていらっしゃるのか?

生徒さんも「今日は練習してきた!」と自信ありげに教室のピアノに向かうのですが、実は前回のレッスンの後楽譜も開かず、今日ピアノ教室に来る前に2,3回弾いただけなのです。

ピアノ教室で何回も弾かせておまけの合格にする時もありますが、きっとこれではピアノを止めた時に何も残らないだろうな…と思います。

ピアノは家での練習が必要だということをきちんと理解して、習いに行く覚悟ということを親子でしっかり確認することが必要だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください