ちょっとがっかり…発表会後の保護者さん達

ピアノ教師仲間の今年度のピアノ発表会がひと段落したので、恒例の集まりがありました。

私達は個人でピアノ教室を運営しているので、当日は何かと助け合います。

受付をしたり、アナウンスをしたりなど…

当然のことですが、出るわ出るわ本音トーク。

その一つが、ピアノ発表会で苦労した生徒ほど、保護者の対応がなっていないというのは共通の意見でした。

発表会会場でのお礼の言葉などは、私達の後片付けが忙しいのもあって遠慮されるのはわかりますが、発表会後の初レッスンでも知らん顔の保護者が増えてきたのです。

車で送り迎えをしていても、ドアの前まで子供を連れてきても来ても、私達に対面されることはありません。

丁寧な保護者の方は、玄関まで来てお礼や感想を言ってくださいます。

中にはお礼の品を持ってきて下さる方も!

またメールを下さる方もいて、心が温かくなり報われた気持ちになります。

私達ピアノ教師は一人でがんばったのではなく、保護者の方と二人三脚でがんばったという気持ちが強いのです。

「〇ちゃん、がんばりましたね!」と、お父さん・お母さん方と分かち合いたいのです。

このような細かいことが子供たちに連鎖して、味気ない社会になっていくのでは?と思います。

↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください