指使いがいつもぐちゃぐちゃの大人の生徒さん

うちには高齢の大人の生徒さん(マダム)がいらっしゃいます。

好きな曲を何か月かかってもよいから弾きたいとおっしゃって、主に有名なピアノ曲の簡単バージョンを練習しておられます。

しかし、初めての譜読みから指使いは後回しで、音を読むことだけに囚われていらっしゃるのです。

「音はまとまりになっているので、この指使いが弾きやすいですよー。」と指導すると、「あっ、本当ね!弾きやすいわ~。」と仰るのですが、翌週には元の木阿弥。

その状態がかなり続きました。一向に直りません。そのお陰でフレーズは変な所で切れてしまうのですが、ご本人は全く気にしていないご様子。

その上、音に階名を書き込んでいらっしゃいます。もちろん「ダメです!」と申し上げましたが、最近はあきらめました。

全てにダメ出しをすることになってしまい、ピアノが苦痛でしかなくなるのではないかと思ったからです。おかしな指使いも階名の書き込みも見て見ぬふりをしています。

そもそも私は、有名ピアノ曲の簡単アレンジはあまり好きではありません。

でもその方が少し弾けるようになって喜ぶ顔を見ると、ますます喜ばせたくなるのです。

♪他のピアノ教師本音トークはこちらから♪
発表会に対して消極的な先生に言いたいこと
一昔前の音大ピアノ科出身者がカラオケが苦手な理由
お中元の季節で思う事~本音トーク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください