発表会のプログラム演奏順は??

子供の頃、ピアノの発表会のプログラムを受け取る時はドキドキしました。

私が当時通っていたピアノ教室は、後ろになるほどだんだん上手な人になっていくというランク付けの順番で、低学年が高学年を追い越したりは当たり前のことでした。

もちろん同い年の中の順番も気になりました。

抜かした、抜かされた、の繰り返しで、ハッピーになったり落ち込んだりしましたが、不思議と先生には悔しさの矛先は向きませんでした。

むしろ、相手の子にメラメラと感情が湧いてきました。

どこか三角関係の図のようです。

演奏順については、今のピアノの先生は気を使われていると思います。

学年順、五十音順、アルファベット順、習いに来た順などなど。

毎年不動になるのも良くないので、五十音順やアルファベット順は逆からというパターンも時々登場します。

そのほうがプログラムを作るのは簡単なのですが、選曲の段階で苦労します。

同じ作曲者、同じ調、同じような題名を、できたら前後の子に使いたくないからです。

そう考えると、昔のように発表会の演奏順を音楽コンサートとして捉える方が楽かもしれません。

【ピアノの進度に関するおすすめ記事】
自分のピアノレベルを知りたい
初心者(幼児)のピアノ発表会曲考察
「ピアノ発表会 曲 小学〇年生」この中でおかしなワードは??

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください