Top >  ブログ  >  練習してこない生徒への奇妙な宿題

練習してこない生徒への奇妙な宿題

2018.07.17

お月謝をいただいている限りは、楽譜を読めるようにしてあげたい、音感を付けてあげたい、ピアノを弾くのが上手になってもらいたい、と思うのですが、温度差を感じることがあります。

他の教室から変わって来たある生徒さん。

高学年ですが、楽譜があまり読めません。

音感教育も特に受けて来なかったのか、音の高低さえもわからない時があります。

前のピアノの先生が厳しすぎたとのことですが、私は先生の気持ちもお察しします。

楽譜が読めるようになるには、コツコツと努力を重ねるのは当然です。

「努力」もなければ「意欲」も無しならば、何のためにピアノを続けているのか首をかしげてしまいます。

この曲はもう1カ月も弾いているのにまだ最初の2段に手こずっているのです。

曲も本人の希望だし、音も少なくて十分弾けるはずなのに。

私はストップウォッチで最初の2段の時間を計りました。

なんと2分以上かかっています!

しかし、時間を計るということは相当集中するようで、何回か弾くうちにかなり時間短縮ができました。

「来週までに1分で弾けるようにしてきなさい。」という奇妙な宿題。

だけど、「何回弾きなさい。」よりも現実的にがんばれるかもしれません。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン