音符の学習障害もあるかもしれない

うちの教室では、とにかく自分で楽譜を読んで、音やリズムを理解して、自力で弾けるようにするということに力を注いでいます。

その結果、ほとんどの子供たちが保護者の方々の手を煩わせることなく、楽譜を読めるようになってきています。

しかし、中には信じられないくらい読めない子も…。

その生徒は両親ともに、頭脳明晰でないと成れない職業に就いていらっしゃいます。

音楽ワークなどはスラスラ進んで、理解力があります。国語力・算数力は普通以上だと思います。しかし、これが楽譜となると信じられないくらいできないのです。

一番おかしいと感じるのは、楽譜を譜面台に置いてもすぐに弾き出せないこと!かなりの時間楽譜とにらめっこしています。

そして音符を読むのがとにかく遅い!楽譜に書いてある音をやっと一つ言えても、そのすぐ上に書いてある音がわからない。

私は簡単に教えてはいけないと思うので、譜読みに相当な時間がかかります。

練習不足かとも思いましたが、それだけではないような…。もしかしたら音符の読字障害・読みの困難(ディスレクシア)という可能性もあるのかなぁ??

小学校低学年のピアノレッスンに関する他の記事】
久々のレッスンで手の形が崩れてしまった生徒さん
音感・リズム感が乏しい子供への最強の教材
子供の習い事に対する親の姿勢

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください