ピアノ連弾を軽く見ないで!

昨日は知人が所属している楽器店の発表会でした。

ピアノソロも首をかしげることが多かったのですが、ピアノ連弾では更に手抜きをしているように感じました。

小さい子のプリモのテンポがブレブレで、それに先生のセコンドが合わせてあげているという図。

音楽として終わっていると思う私は厳しすぎるのでしょうか?

いくら幼くても、きちんと曲にして舞台に上げてほしいと思います。

「連弾は楽しい」
もちろん楽しいです。でもアンサンブルなので2人で楽しまなくてはいけません。1人が練習不足だったり、雑だったりするともう1人は楽しくないでしょう。

「連弾は簡単」
ソロの曲を2人で分担するのではなく、連弾の曲として作られているのでまた違う難しさがあります。

2人の息を合わせること。どんな音を出すか意見をまとめること。ただし譜面を見ても良いので気持ちはいくらか楽でしょう。

「連弾はお遊び」
「楽しい」の延長でお遊び止まりになるのなら、わざわざ発表会で披露することはないと思います。

ピアノ発表会でせっかくアンサンブルをする機会があるのなら、楽しさだけではなく難しいところ厳しいところも教えてあげてほしいという感想です。

♪他のピアノ教師本音トークはこちらから♪
お中元の季節で思う事~師匠へのお中元
勉強していないピアノ教師の見抜き方
やっぱり嬉しいピアノの生徒さんからのいただきもの!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください