やはり傷は深かった……心の傷みを乗り越えてがんばりましょう!

弾き方の違いで結局辞められたTさんの件は、やはりなかなか癒えませんでした。

昨年の後半はモヤモヤウジウジした気持ちがありました。

しかし、Tさんとの一件が落着したら、年末から不思議なほどに何もかもが好転してきています。

今年に入ってすぐに、演奏のご依頼が2件続けて来ました!

もちろん有難くOKさせていただきました。がんばって練習しないと!

また、3回目の挑戦にして、ようやく次回発表会のホールがゲット出来ました。

選択権が23番目だったにも関わらず、最後に残った希望日が上手く取れてラッキーとしか言いようがありません。

Sさん宅の下の男の子もピアノが習いたくてたまらないとの事で、お引き受けすることになりました。まさに捨てる神あれば拾う神ありです。

ついでに言えば、マツタケに続き上海ガニもいただきました。

観劇とディナーショーがセットになったチケットを友人がもらったということで、一緒に行くことになりました。

どん底でじっと耐えていたら、いつかは光明が射すものだと実感しています。

ちなみにどん底の時はむやみに動かず、地味な身辺整理をするのが一番です。

私は気になっていた洋服と書類の整理を一気にしました。

心機一転がんばります!

↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Comment

  1. 中年からのピアノ弾き より:

    年の初めからこの1年の充実が予感されるようで良かったですね。ご活躍を期待します。
    だけど、どん底でじっと耐えていたら、いつかは光明がさすものだなどというのは、通常は生徒側が思うことなんですけどねえ。

    • pianeys より:

      いつもありがとうございます。
      ピアノ教師はどーんとしているように見えて、実は繊細なのですよ。
      こちらのコメントでまた書きたかったことが出来ました。
      また書かせていただきますね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください