ピアノ教師は見ている~幸せオーラ満開の家庭(出張レッスンで)

色々なお宅へ出張レッスンへ行くようになって、本当に様々なご家庭があるのだということを実感しています。

Sさん親子のレッスンはもうすぐ10ヶ月が過ぎようとしていますが、このSさん宅は完全な子供仕様のおうちです。

前庭や玄関の置物、部屋の中、飾り物全てが子供中心で、まるで子供のお城に迷い込んだようです。少し前はハローウィン、そして今はクリスマス全開です。

Sさん一家は裕福な部類のお宅に入ると思いますが、リビングルームそのものが巨大は子供部屋となっております。

壁には子供達が書いた絵が貼ってあり、子供達の色々な作品があちらこちらに飾ってあります。

そして子供達がいつでも創作できるようにと、可愛いテーブルのあるコーナーにはお絵かきセットや糊・紙・はさみ・リボン・布・ビーズなど、仕分けされてクリアボックスの中に置かれています。きっとお友達もたくさん来て、遊んでいるのでしょう。

リビングでこれだけ子供の物が揃っているならば、2階の子供部屋はどんな風になっているのでしょうか?

Sさん親子のレッスン中、3歳の男の子のお守りはパパさんの仕事です。どうやら2階でDVDを見せているようですが、おそらくその数も半端ではないような気がします。

Sちゃんのレッスンが終わり、Sさんがピアノを弾いている時、私の後ろでSちゃんの気配がするので振り返ってみると、ちょこんと座ってマフラーを一人で編んでいました。

ダンボールで何かを作っている時もあるし、絵を描いている時もあるし、壁に貼ってある掛け算をノートに写してお勉強している時もあります。これも誰かに言われてしている訳ではなさそうです。

ふと姪が通っていた幼稚園を思い出しました。自由保育ということで、子供達は幼稚園にあるものを自由に使って、物を作ったり遊んでいました。Sちゃん宅はそんなおうちなのです。

Sさん、パパさんも、声を荒げたことがない穏やかな方達です。

Sさんがレッスン中、Sちゃんが興味深げにママのピッタリ真横に立って聞いていたことがあります。案の定Sさんは弾きにくそうです。

普通なら「Sちゃん、今はママのレッスンだからあっちに行きなさい。」と追い払うところですが、Sさんはそんなことはおっしゃいません。

Sちゃんのほっぺを両手で挟んで、「Sちゃんがいるとママ緊張しちゃうわ~ゴメンね~。」と満面の笑みです。

Sさん宅は幸せ家族というオーラが溢れています。この家族がどのように進化しているかも楽しみです!

小学校低学年のピアノレッスンに関する他の記事】
ピアノ教師は見ている!長男長女の苦悩
ピアノレッスンから派生するプラスアルファを大切に
ピアノのお稽古がどういうものかわかっていない

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください