振替レッスンが溜まってしまったマイペースな生徒さん

先月遅れて夏休みを取った看護師Hさんは、夏のレッスンがたくさん抜けたため、今月は7回も来ることになりました。

「お月謝返すから無理しなくてもいいよ。」と言ったのですが、「いえ、来ます!」と気合十分。

相変わらずあまり練習はして来られないのですが、45分間みっちり弾くと上手になってくるものです。結構進んできました。

同じ本を実はSママさんも使っているのですが、Sママさんが弾いている時、「Hさん、この曲難航していたなぁ。」と懐かしくなります。

しかし、猛スピードのSママさんは、とうとうHさんを抜いてしまいました。

そんなことはつゆとも知らず、マイペースなHさんは今日のレッスンでも「ガハハハ…。」と良く笑い、一生懸命格闘しています。

そしてドイツ・オーストリア旅行のお土産を持って来て下さいました。

「先生、これザルツブルグの『塩』です。」

敵に塩を送る??Hさんらしいチョイスです!

帰り際に「先生、今日の晩御飯はサンマでしたね。ムフフフ。」と鋭い突込みを入れながら、後にされたのでした。

大人のピアノレッスンに関する他の記事】
ピアノの練習の成果が出ないと嘆く大人の生徒さん
元気のない大人の生徒さん、その理由は??
楽譜を置いて演奏する時にあたふたしないために

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください