ピアノ教室、付き添いの保護者のマナーと注意点~その4-1.

うちのピアノ教室では、保護者が付き添う割合が2割ほど。それは以下の通りです。

1.ピアノレッスンに関心がある
2.子供がお母さんと離れたくない
3.行き場がないのでとりあえず待っている
4.お母さんが子供を見張っている

4番についてです。

何をやらかすか、何を言い出すかわからないという我が子が心配で、目を光らせている親御さんがいます。

確かにその子は、グランドピアノの下に潜るし、教室にある置物に触るし、目が離せません。しかも口も悪いです。

大人に対する態度、先生に対する態度がまるでなっていませんでした。

親御さんは注意をするためにいらっしゃるのですが、時々そんな我が子の行動に目を細めたり、物言いに感心したりしていらっしゃいます。ますます子供は調子に乗ります。

私は意を決して親御さんに二人きりでレッスンをさせてほしいと頼みました。

その結果、その子の態度はとても良くなったのです。

元々好奇心旺盛で、頭が良い子です。ピアノ教室は先生にピアノを教えてもらうところだということがわかったのです。

私とその子に信頼関係が出来た証です。

もう1組については次回に続きます。


↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です