楽譜のないピアノレッスンの大切さ~即興演奏・伴奏付けなど

特に小さい生徒達にはピアノを楽譜どおりに弾くピアノレッスンのプラスアルファとして、楽譜がないピアノレッスンも必要だと思っています。

現実問題として、案外役立つのは後者の方なのです。

例えば即興でメロデイーを考えること。

これは意外とピアノを習っている人のほうが不得意な分野かもしれません。生徒達は変なメロディーを作ったら笑われると思うのか、手がなかなか進みません。

しかし自分が作った曲に私が伴奏を付けると素晴らしい作品になるので、どんどん自信を付けてきつつあります。

また簡単なメロディーに伴奏を付けてみること。

これも苦手な人が多く、パニックになってしまいます。

伴奏を付けたり即興で弾くということは、一歩先を読んで頭のどこかでその音が鳴っていないとできません。場数が必要です。

それから聞いたことのある曲を楽譜無しでピアノで弾いてみること。これには聴音能力が必要です。

楽譜のあるレッスンではどんどん注意しますが、楽譜のないレッスンでは注意をしすぎず、イメージを膨らませてあげることが大切だと思っています。

ピアノを弾けるようになりたいというのは、もちろん憧れの曲を弾けるようになりたいというのもありますが、合唱祭にピアノで参加したり、自分の好きな歌をポロポロ弾いたり、即興で何か作品を作ったりと、人それぞれどんどん広がって行けば良いと思っています。

小学校低学年のピアノレッスンに関する他の記事】
音感というプレゼント 
ピアノが弾けないお母さんと生徒さんの関係
ピアノ演奏で表現力があるとはどういうことか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください