ショパンのワルツに初挑戦!~ピアノ発表会・ピアノ教師の長い一日

Jちゃんは初めてのショパンです。この曲をあげたときはとても嬉しそうでした。もともとピアノが好きな子なので、気に入った曲は一生懸命練習します。

しかし大学のお友達で、同じ曲をめちゃくちゃ速く弾いていた人がいたとかで、Jちゃんは少なからず影響を受けていました。なのでどうしても2拍目、3拍目を急いでしまうのです。

一般的に3拍子は、強・弱・弱ですが、ショパンのワルツでは、3拍目を丁寧に弾くことが大事です。

今までの曲と違い、ワルツのリズムの取り方が難しいようですが、私はむしろ丁寧に歌うことが大事だと思い、いつもレッスンで修正していました。

Jちゃんも大学に通うようになってから、なかなか決まった日、決まった時間に来られません。看護師Hさんと同じくドタキャンも多いです。その理由も病気以外に「寝過ごした」「間に合わない」「学校の課題がピンチ」などです。

その上お月謝を忘れてくることも度々です。実は今もお月謝2ヶ月分と発表会費をまだいただいていません。お家は一帯の地主さんで、とてもお金に困っていらっしゃるとは思えません。

もう大人なので本人に言うのですが、かなりのうっかり者のようです。前回3ヶ月分たまった時は、本人に言うのを諦め、思い切ってお母さんにメールで言いました。

お母さんのお返事は「いつもご迷惑をおかけしてすみませんっ!先生でなかったらうちの子はピアノをやめていると思います。」でした。言葉を信じて今回も気長に待っています。

Jちゃんは落ち着いてたっぷりと演奏でき、私はようやくほっとしました。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会前に演奏を誰かに聴いてもらいたい…

あがり症を克服したい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください