ピアノ発表会~ラストスパート!

ピアノ発表会最後の追い込み練習です。さてその練習方法は??

生徒さん達には目をつむって全部曲が弾けるようにと言ってあります。視界がなくなると音のみに集中でき、新しい発見が次々とあります。

覚えていたはずの次の音が出てこないとか、指使いが突然わからなくなったとか。

音は覚えていても指使いは案外覚えていないものです。一応音はわかっているのだけど何か弾きにくくなったという時は、指使いが変わってしまっている可能性があります。

きっちり楽譜に書いて、頭に叩き込まないといけません。指使いを侮ると怖いです。これは本番でよくある事故の一つです。

そして1オクターブずらして弾いてみることも勧めています。これも意外と難しく、1回で完璧な人は珍しいほうです。

それに加えて、お決まりの片手ずつの暗譜。超ゆっくりのテンポでメトロノームをかけての暗譜。

反対に自分の最高速度で弾くことも大事だと思います。緊張すると余計なことを考えてしまい、脳の動きが遅れがちになるので、速いスピードに対して脳が付いていくように慣れておくのです。

また1小節ごとに出だしの両手の音を完璧に覚えておくことは非常に大切です。音が飛んでも次の小節からカムバックできるので、最小限にくい止めることができます。

あとは色々環境を変えて弾いてみることです。違うピアノで弾ける機会があれば、どんどんトライすべきです。いつものピアノでも、部屋の明るさを変えたり、視界に入るところに何かを置いてみるだけでも違うと思います。

これは大きい人だけではなく、幼児にもさせています!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください