ピアノレッスン、お母さんの付き添いについて

Fちゃんの所へは出張レッスンに行っています。お母さんは、いつも後ろで熱心にレッスンを聞いていらっしゃいます。

お母さんはピアノが弾けないのですが、なんとか毎日Fちゃんのピアノを見てあげようと必死なのです。お部屋があまり広くないので本当に真後ろの感じ。Fちゃんがミスするとため息が聞こえる距離です。

「この音は何?」と楽譜の「シ」の音を指してFちゃんに聞くと、お母さんが無意識に「シ、シ・・・」とつぶやいているのも聞こえます。

レッスンが終わって、お母さんがFちゃんに「何であんなに間違うのよ~。」と言うと、「だってママがゴソゴソ動くから気になるもん!」と言い返していました。

時々部屋を出て行かれますが、Fちゃんの力がふっと抜けるのがわかります。お母さんがいないと意外に上手に弾けたりするのです。

でも曲が合格した時にFちゃんがお母さんを振り返ってうれしそうにするのを見ると、やっぱりお母さんがいるのもいいかなぁと思います。

しかし本音を言うと、お母さんがいなかったらFちゃんともっと親密になれるだろうと思います。

ママがそばにいようがいまいがマイペースなCちゃんは別格として、私もFちゃんもお母さんの存在が気になって、二人の会話もお母さんを意識したものになってしまうのです。

Fちゃんに質問しているのにお母さんが答えてしまうことも良くあります。

お母さんが付き添う事で子供が甘えて態度が悪くなってしまう場合は、私もお母さんに付き添いを遠慮してもらうように言いますが、Fちゃんは全くそのような事はないので、私からは何も言えません。

たいていのお子さんはある時期になると「ママはレッスン室に入ってこないで」宣言をします。Fちゃんにそう言われたらお母さんは悲しむだろうな・・・。

でも私はその日を待ち望んでいます。

♪他のピアノ教師本音トークはこちらから♪
今でも見る音大時代の悪夢!
音大卒業即ピアノ教師という時代はとっくに終わっている
最強園児Cちゃん、ピアノ教室でのルーティン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください