看護師Hさんのピアノ発表会挑戦

「看護師Hさんを発表会に出演させる実行委員会」は一応の成果を見ました。

第一段階・・・それとなく連弾の楽譜(サティ作曲『ジムノペティ』)を渡して練習に入る。

第二段階・・・その曲をよい曲だ、大人の曲だ、素敵だ、と褒めまくる。

第三段階・・・発表会では大人の方もたくさん出るし、皆プレッシャーと戦いながら頑張っているということを、それとなくほのめかす。

第四段階・・・いきなり一人で弾くのは大変だろうから、今年は私が隣にいるので大丈夫だと安心させる。

初めは怖がっていたHさんも、だんだん弾けるようになってくると気持ちが揺れ動き、ついには頑張ってみるという方向になりました。

Hさんの楽譜には発表会の日にちが書かれ、否が応でも意識させられる状態になっています。

とりあえず今回は私との連弾だけにしましたが、他の人はほとんどソロと連弾と両方で出るということを告げると、Hさんは大層驚いていらっしゃいました。

Hさん「ほぇ~皆さん2曲なんですか?す、すごい。。」
私「親子で習われている方は子供さんとの連弾もあるので、4曲の人もいますよ。」

Hさん「げっ!よ、よん曲?」
私「はい、主婦のEさんは40代で、ピアノは4年目で、フルタイムでお仕事をされていて、子供さん2人いて、ソロと、私との連弾と、長男さんとの連弾2曲と・・・」

Hさん「あんれ~っ!すごい人が世の中にはいるんですね。1曲でオロオロしてる場合じゃないですね。がんばらないと!ガハハハ・・・」

ということで、Hさんはまだ見ぬ主婦Eさんへの尊敬と憧れを秘めて、日々練習しておられます。

↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください