バレエピアニストという職業について

某大学の授業でバレエピアニストを探しているので行ってほしいと頼まれたことから、私のバレエピアニストライフは始まりました。私はバレエ自体何もわからないまま飛び込みました。

先生はバレエ界では超有名な方でしたが、世間知らずな私はそれさえもわかっていませんでした。先生ご自身が楽譜を用意して下さり、「この他にも何でもいいですから自由にピアノを弾いてください。」ということで始まりました。

バレエピアニストと言うと一見カッコ良い響きですがとんでもない!実にハードな裏方です。機械に徹する覚悟ができていないと絶対無理でしょう。

ストレッチから始まって、バーレッスン、中休みのストレッチ、センターレッスン、クールダウンの音楽まで、約2時間休憩なしの弾きっぱなしです。速い曲をフォルテで5、6分間ノンストップということも普通の事です。腕の使い方や脱力が悪いとたちまち腱鞘炎になってしまうでしょう。

さらに教室内はレッスン生の身体を絞る為、真夏でもクーラーを使わないので、めちゃくちゃ暑いのです。

そこで私は初めてバレエの練習を見ました。男性も女性も背中の肉がすっと落ちて、とても綺麗でした。人の汗がこんなに美しいものかと思ったのはこの時が初めてです。

その後も私とバレエのご縁は続きます。それは又次回に。

バレエピアニストに関する他の記事♪
バレエピアニストという職業について~2.
バレエピアニストという職業について~3.
バレエピアニストという職業について~4.
バレエピアニストという職業について~5.
バレエピアニストという職業について~6.
バレエピアニストという職業について~7.
バレエピアニストという職業について~8.
どうすればピアノの初見に強くなれるか?~バレエピアニストだった昔を振り返って

Comment

  1. coco より:

    フレッシュ・アンド・ボーンというバレエの裏側を描いた海外ドラマにはまっていたのですが、
    いつもダンサーに寄り添って裏方に徹しているバレエピアニストが新進気鋭の振付師が連れてきたパーカッションにポジションを奪われ、無念の表情でクラスを後にするシーンがありました。
    縁起でもないことを書いてすみません(^^;;
    ダンサーがメインの話ですが、まあドロドロのドラマで、、面白かったです(笑)
    本物のバレエダンサーを起用しているので、肉体美に毎回惚れぼれしてました。存在自体が芸術品ですね!
    バレエピアニスト(コレペティトール?)とソロのピアニストとは違った難しさ、葛藤などがあるのでしょうか?
    次回の記事も楽しみにしています!

    • pianeys より:

      面白そうなドラマですね!
      バレエピアニストはあくまで脇役です。
      というか機械です。
      このバレエピアニスト・シリーズは8回くらい続きそうです。
      よろしくお願い致します。

coco へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください