本音トーク~ピアノの先生へのお歳暮について

ピアノ教師をしているおかげでお中元・お歳暮を頂くことがあります。

少し前は全員の生徒さんから頂きましたが、最近はない方もいらっしゃいます。ないからといってピアノレッスンに影響するという事はありませんが、やはり人間ですから頂くと嬉しいものです。

ここからは本音トークです。

頂いたものの、一度も使わなかった品もあります。身に着けるものは、やはり難しいと思います。トップスは私には地味だったので、もう少し後で着ようとしまっていたのですが、いざ出してみるとデザインが古くなっていました。

ストールはチクチク感が合いませんでした。エプロンはなぜかブリブリでした。アクセサリー類も、普段の私はピアスしかつけません。

高級なお菓子類も体重が気になる身としては、抵抗があります。いつのまにか賞味期限が切れていて申し訳なく思います。どちらかというと、副食系、飲み物類や果物の方が私にとってはありがたいです。

ピアノ教師の友人達も同意見で、やはり無難なのは商品券だろうという結論になりました。それもデパートのものではなくVISAやJCBのギフトカードの方がいろいろと選択肢が増えて便利です。

私の大先生へのお歳暮は、先生が良く行かれる某高級スーパーマーケットのギフトカードにしています。すごく喜ばれています。

♪他のピアノ教師本音トークはこちらから♪
お中元の季節で思う事~本音トーク
お中元の季節で思う事~師匠へのお中元
ピアノ曲の変なタイトルにちょっと悩みます

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください