生徒のお母さんとの二人三脚レッスン

私の生徒達は個性的ですが、お母さん達もそれぞれに特徴があって面白いです。なんと言っても筆頭はCちゃんのお母さんでしょう。

Cちゃんのおしゃべりはとても面白いのですが、CちゃんママはCちゃんがお話を始めると「Cちゃん、ピアノをしてからよ~。」と、すかさず突っ込みます。

日常の話はともかく、Cちゃんは楽譜に描かれている絵を見て、いろいろ想像力たくましく説明をしてくれたりもするのですが、そんな時でも「Cちゃん、Cちゃん。」とさえぎってしまいます。

私としては「それからどうなったの?」と聞きたいのですが、お母さんの意見を尊重し、レッスンに持って行くようにしています。

もしかして神経質な先生なら、いい加減キレてしまうかもしれません。「お母さんはレッスンの間は部屋に入ってこないで下さい。」と言う先生もいると思います。

私は多少気になるけれど、嫌ではありません。むしろ不器用で、ちょっとずれつつも一生懸命なお母さんを微笑ましくさえ思っています。それはCちゃんママが私をピアノ教師として信頼してくれているからだと思います。

なんとなくCちゃん、お母さん、私の3人の輪のようなものが出来ていて、特別なCちゃん対応レッスンになっているのです。大げさに言えば、2人でCちゃんを育てましょうという感じです。

Cちゃんは四分休符の時にウルトラマンの必殺光線ポーズをしていましたが、だんだん速く弾けるようになってきたので間に合わないのか、空手のポーズに変わりました。(本人は自覚していない)

それにしてもCちゃんのリズム感は正確でお見事です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください